漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

鼻水と鼻づまり

鼻水と鼻づまり

1.鼻水と鼻づまりの漢方医療

 鼻水(鼻汁)と鼻づまり(鼻閉)は、感冒に伴う鼻炎、アレルギー性鼻炎・花粉症、副鼻腔炎(蓄膿症)に共通する症状です。

 漢方医療では、
 ・発症後の経過:急性期か亜急性か慢性期か、
 ・鼻水(鼻汁)は、水様性か粘稠性か、
を確認して治療薬を決めます。とくに、鼻汁は
 ・水様性であれば麻黄(マオウ)のような温める生薬、
 ・膿粘性であれば石膏(セッコウ)のような冷やす生薬
を用いる指標になるので確認が重要です。


2.水様性鼻水を伴う初期の鼻炎に、小青竜湯(ショウセイリュウトウ)

 小青竜湯は、初期の鼻炎の頻用処方です。透明な鼻水、くしゃみ、涙目、鼻づまりが本方を用いる指標です。

 小青竜湯の主な配合生薬は、麻黄桂皮(ケイヒ)です。処方名の「青竜」は麻黄を意味しています。さらに水様性鼻汁は、体が冷えているためだと漢方医学では考えます。そのため本方には、体を温める細辛(サイシン)と乾姜(カンキョウ)という散寒薬(サンカンヤク)が含まれています。
 麻黄は、鼻粘膜の血管を収縮させ鼻づまりを軽減します。桂皮細辛は、抗アレルギー作用のあることが明らかにされた生薬です。

 なお、体の冷えが顕著な人の初期の鼻水には散寒薬附子(ブシ)を含む麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)が適します。
 散寒薬については冷え症(1)を参照してください。

 なお、症状が顕著な初期のアレルギー性鼻炎・花粉症には、医療用の抗アレルギー成分を含む市販薬を短期間服用するとよいでしょう。これは第1類薬なので薬剤師さんから使用上の注意を説明してもらってください。

3.感冒の亜急性期の鼻閉に、葛根湯加川キュウ辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)

 葛根湯加川キュウ辛夷は、感冒に続く鼻汁・鼻づまりに用いられる処方です。鼻汁は小青竜湯より、粘りのある鼻汁に適します。
 本方は、感冒初期に用いる葛根湯に頭痛を軽快する川キュウ(センキュウ)と鼻づまりに用いる辛夷(シンイ)を加えた処方です。

4.慢性期の鼻閉と粘る鼻汁に、辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)

 辛夷清肺湯は、膿粘性の鼻汁や鼻づまりを伴う亜急性・慢性期の鼻炎や副鼻腔炎(蓄膿症)に用いられる処方です。さらに、粘稠の痰が「からむ」咳や咽の痛みにも用いられます。
 本方の適応病態は、鼻腔の炎症で熱感を伴う熱証(ネツショウ)傾向であり、これを冷やす目的で、石膏(セッコウ)、知母(チモ)、黄ゴン(オウゴン)、山梔子(サンシシ)のような清熱薬(セイネツヤク)が含まれています。この点で、小青竜湯葛根湯加川キュウ辛夷と適応病態が異なります。

5.鼻水・鼻閉に用いる3処方の使いわけ

 鼻汁と鼻づまりの治療では、
  ・初期の水様性鼻汁には、小青竜湯
  ・慢性期の粘稠性の鼻汁には、辛夷清肺湯
を基本にして、経過や鼻汁が中間の病態に葛根湯加川キュウ辛夷が用いられます。
 このような使いわけは、配合生薬の種類と薬能によるのです。漢方医療はこのようなことを考えて適切な処方を選んでいます。

 小青竜湯に関しては、鼻炎の漢方(1.急性鼻炎)花粉症の漢方(1.急性期の治療)を参照してください。

 辛夷清肺湯に関しては、鼻炎の漢方(2.慢性鼻炎)を参照してください。

 鼻づまり(鼻閉)に関しては、副鼻腔炎の漢方(2.慢性期の治療)を参照してください。

~ちょっと一言:石膏とギプス包帯

 石膏は、建材や芸術に用いられる鉱物です。ほとんど水に溶けませんが、熱やほてりを軽減する清熱薬として漢方処方に配合されています。
 西洋医学では、石膏末を含ませた包帯(ギプス包帯)は骨折などで患部を固定するときに用いられます。ギプスは石膏のドイツ語Gipsに由来しますが、日本でギブスと訛って読まれることもあります。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP