漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

熱中症と夏ばて

熱中症と夏ばて(1.熱中症)
熱中症と夏ばて(2.夏ばて)

1.熱中症から夏ばてへの経時変化

 暑気中りは、口渇が顕著な熱中症から疲労倦怠感やだるさに悩む夏ばてへ進行します。

 平素から消化機能の弱い人や高齢者は、予備能が低下していますから、蒸し暑さが続くと熱中症も夏ばても起きます。若い世代は、夏ばてになることは少ないですが、炎天下のスポーツや仕事を続けると熱中症が起きます。

 漢方方剤は、このような症状(病態)の経時変化に対応して、症状を軽減する方剤と夏ばての本因(虚証キョショウ)を補う方剤が使い分けられます。
 ここでは、軽い熱中症と夏ばてに分けて、漢方製剤療法を整理します。

2.白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)・・・軽い熱中症の口渇とほてり

 白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)は、軽い熱中症で、身体の熱感・ほてり、と冷たい水を飲みたがる人に適します。(エキス製剤であれば、複数回にかけて冷たい水で服用してください)。発汗後の口渇ですから水分補給も大切です。

 清暑益気湯(セイショエッキトウ)は、夏ばて気味の人の軽い熱中症で、疲労倦怠感と口渇を伴う人に適します。本方は、人参(ニンジン)と黄耆(オウギ)を基本とし、発汗後の水分不足(津液不足 シンエキフソク)を潤す麦門冬(バクモンドウ)を含みます。

 白虎加人参湯清暑益気湯は、熱中症・夏ばて(1.熱中症)を参照してください。

3.補中益気湯(ホチュウエッキトウ)・・・夏ばての疲労倦怠感に用いる基本方剤

 夏ばての症状(疲労倦怠感、だるさ、食欲不振)を訴えている人は、休養し栄養補給が必要です。消化吸収機能が低下していると食べた物が身につきません。

 消化吸収機能を調えるための方剤が、人参(ニンジン)と黄耆(オウギ)を含む参耆剤(ジンギザイ)の補中益気湯(ホチュウエッキトウ)です。

 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は、疲労倦怠感が強く、食がすすまない・おいしくない、目がとろんとして力がなく、声にも力がない。動くと息切れがする、手足がだるい(脱力感)状態を目標に用います。

 その他に、かぜをひきやすく、ひけば咳が長引くなど呼吸器系が弱く、胃下垂など筋肉の緊張が乏しい状態に適します。

 補中益気湯に関しては、COPD(慢性閉塞性肺疾患)不妊(2.男性不妊)、でも解説しています。参考にしてください。

4.十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)・・・栄養不足傾向の夏ばて

 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)も重要な参耆剤です。人参黄耆に加えて補血薬(ホケツヤク)の地黄(ジオウ)と芍薬(シャクヤク)を含みます。疲労倦怠感が強く、顔色がよくない貧血傾向にあることを目標に用いられます。

 十全大補湯は、血の道症3(月経不順2)不妊(1.女性不妊)でも解説しています。参照してください。

5.六君子湯(リックンシトウ)・・・むかつき・胃もたれを伴う夏ばて

 夏ばてでは疲労倦怠感、だるさに加えて、食欲不振、胃もたれ、下痢などの胃腸症状を伴います。そのような時には補中益気湯(ホチュウエッキトウ)の関連方剤も用いられます。

 六君子湯(リックンシトウ)は、食欲不振、むかつき(嘔気)、食後の胃もたれなどの胃腸症状に用いられます。

 本方に関しては、ストレス胃(3.胃もたれ)、で機能性ディスペプシアに用いる漢方方剤として紹介しています。参照してください。

 人参湯(ニンジントウ)は、冷たい飲み物の飲み過ぎや冷房の効かせ過ぎで下痢軟便になった時に用いられます。平素から食事量が少なく冷え症気味の人は、夏の冷房に注意が必要です。

 本方に関しては、過敏性腸症候群(2.下痢型)で紹介しています。

6.暑気中り(熱中症・夏ばて・冷房下痢)の治療に用いられる主な漢方方剤

◎治療と予防の基本
  栄養・睡眠・休養をとって体力(自然治癒力)を調える。・・・気虚(キキョ)を整える。
◎ 軽い熱中症(口渇)
 1) 白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)・・・口渇と熱感ほてりを伴う軽度の熱中症。
 2) 清暑益気湯(セイショエッキトウ)
   ・・・軽い熱中症(口渇)と夏ばて(疲労倦怠感)を併発。

◎ 夏ばて(疲労倦怠感)
 1) 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)
    ・・・疲労感と手足のだるさに用いる基本方剤。
 2) 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)
    ・・・顔色が悪く手足の冷えを伴う夏ばて。
 3) 六君子湯(リックンシトウ)
    ・・・食欲不振、食後の停滞感、嘔気、疲労感。
◎ 軟便・下痢
 1) 人参湯(ニンジントウ)
   ・・・ 下痢軟便(冷房下痢)腹痛を伴う夏ばて
      (冷えが強い場合には真武湯 シンブトウを併用)
 2) 啓脾湯(ケイヒトウ)
   ・・・軟便・下痢、倦怠感、食欲不振、嘔気

~ちょっと一言:熱中症と夏バテの治療

※熱中症治療の基本は、身体を冷やして水分・塩分を補給することです。
  意識のはっきりしている軽い熱中症の症状(めまい、頭痛、嘔気)を訴えている人は、冷やして水分を補給しながら白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)を服用してください。
  なお熱中症で、意識が朦朧(モウロウ)としている人や高齢者は、救急車を手配してください。

※夏ばて治療の基本は、休養と栄養です。
  夏ばての症状(疲労倦怠感、だるさ、食欲不振)を訴えている人は、休養し栄養補給が必要です。
  この時、食べ物が消化吸収できるように補中益気湯(ホチュウエッキトウ)や六君子湯(リックンシトウ)を服用してください。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「熱中症と夏ばて」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP