きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.高齢者の便秘の原因と治療の概要

 高齢になると便秘が増えます。高齢者が便秘(とくに弛緩性と直腸性便秘)になりやすい主な原因と治療薬を図1にまとめました。

 便秘の薬物治療ではまずラクツロースのような糖類性の便軟化剤緩下剤)から始め、刺激性下剤を補助的に用います。

 漢方医療では、便通異常や乾燥したコロコロ便や全身の冷えや虚弱に配慮して便通を調えます。

2.高齢者の便秘に用いられる主な生薬

 高齢者の便秘に用いられる主な生薬を図2に示しました。
  ・膠飴(コウイ:水飴)と麻子仁(マシニン)と下段の4生薬は潤し排便を促進する潤下薬(ジュンゲヤク)・潤腸通便薬(ジュンチョウツウベンヤク)です。便軟化剤に相当します。
  ・膠飴山椒(サンショウ)と当帰(トウキ)は温めて腸管運動を促進する温下薬(オンゲヤク)です。なお山椒には腸管運動を緩やかに刺激する作用もあります。

 漢方の代表的な瀉下薬の大黄(ダイオウ)は寒下薬(カンゲヤク)と言います。刺激性下剤 に相当します。

 大黄は体力の低下した人に連用すると体の機能を低下させるので、高齢者の便秘には潤下薬(ジュンゲヤク)や温下薬(オンゲヤク)と組み合わせて使用されます。

3.体力が低下し倦怠感を伴う高齢者の便秘・・・建中湯類(ケンチュウトウルイ)

 体力が低下し倦怠感を伴う高齢者の便秘には、まず小建中湯(ショウケンチュウトウ)や大建中湯(ダイケンチュウトウ)を用います。これらは糖類性の便軟化薬に相当する膠飴(コウイ)を含む建中湯類(ケンチュウトウルイ)です(図3)。

 大建中湯(ダイケンチュウトウ)は温める薬能のある青字の生薬からなる温下剤(オンゲザイ)です。

 本方は、桂枝加芍薬湯と併用されます。腸管運動の亢進した痙攣性便秘と腸管運動の低下した弛緩性便秘を併せ持つ混合型の便秘に対処する工夫です。

 なお高齢者の便秘には、大黄を含まない建中湯類が第一選択ですが、排便が困難な硬いコロコロ便には大黄も必要です。そのような時に桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)が適します。本方は小建中湯での関連方剤です。

4.乾燥した硬いコロコロ便を伴う高齢者の便秘・・・・・・潤腸湯 (ジュンチョウトウ)

 高齢者の乾燥した硬いコロコロ便には、潤腸湯 (ジュンチョウトウ)と麻子仁丸(マシニンガン)が 適します。両方剤は刺激性下剤の大黄(ダイオウ)と、乾燥して硬くなった便塊を軟らかくする 潤下薬(ジュンゲヤク)の麻子仁(マシニン)を含む方剤です(図4)。

両方剤の使い分けを図4の右側に示しました。
1)瀉下効果は大黄の配合量の多い麻子仁丸潤腸湯より確実です。
2) 乾燥した便を潤すためには潤腸薬当帰(トウキ)や熟地黄(ジュクジオウ)の配合量が多い潤腸湯麻子仁丸より期待できます。
3) 便秘に伴う精神神経症状や腹部膨満感の改善には理気薬厚朴コウボク、枳実キジツ、大黄)の配合比率の高い麻子仁丸の方が適するでしょう。

 両方剤に関しては、漢方薬名の意味(6.潤腸湯)を参照してください。

5.(まとめ)高齢者の便秘治療用いられる生薬と方剤

 高齢者の便秘に用いられる方剤を大黄(ダイオウ)の有無に分けて整理します。

1)乾燥したコロコロ便には、麻子仁(マシニン)と大黄(ダイオウ)を含む方剤

2)腹部膨満感・腹痛や便秘・軟便を繰り返す便通異常には桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)と大黄配合剤の併用、あるいは桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカショクヤクダイオウトウ)。

3)疲労感や冷えや腹痛を伴う体力の低下した人の便秘には大黄を含まず、膠飴(コウイ)を含む建中湯類温下剤)。

高齢者の便秘の予防と注意

 高齢者の便秘は、食べる量が少いことと、排便時にいきむ(怒責する)腹力の低下が関係してます。これらには
 ・食餌内容の見直し
    野菜(キャベツ、タマネギ)、根菜(ゴボウ、ジャガイモ)、きのこ類、納豆・煮豆、
    海藻、バナナなど食物繊維やオリゴ糖を含む食品を食べましょう。
 ・水分をこまめに飲む
    時刻を決めて少量でもよいから、牛乳、ヨーグルト、「ハブ茶」や水を飲みましょう。
 ・朝食後の便意を無視せずに排便を試みる習慣をつける。
 ・軽く歩くことでも腹筋の筋力(排便力)の低下を予防できます。

 なお、高齢者は腸の疾患や膠原病やうつ病など便秘を誘発する疾患になりやすく、 また抗パーキンソン病の治療薬による便秘のような薬剤性便秘が増えます。
 このような疾患や薬剤による便秘は主治医の先生に相談してください。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「(3)痙攣性便秘」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
かぜ(風邪)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
感冒(首筋のこり)
感冒(頭重感)
感冒(頭痛)
感冒(ながびく咳)
感冒(のどの痛み)
感冒(吐き下し)
感冒(鼻風邪)
感冒(鼻水・くしゃみ)
感冒(ふしぶしの痛み)
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
呼吸困難(COPD)
後鼻漏
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP