きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.小児の便秘

 小児の便秘は、以下のように病型の異なる便秘が複合しておこります。

 小児の便秘の予防と治療には保護者の役割が大切です。「ちょっと一言」を参照してください。

2.小児の便秘の治療

 小児の便秘の薬物治療では、刺激性下剤を最初から使用するのではなく、まず、 便塊の水分量を増やす便軟化剤(塩類性緩下剤:酸化マグネシウム製剤)や乳酸菌製剤(プロバイオティクス)の使用を考えます。

 漢方治療でも刺激性下剤の大黄(ダイオウ)を最初から使用せず、まず、
  ・糖類性の便軟化薬の膠飴(コウイ:水飴)や
  ・緩和な刺激性下剤の山椒(サンショウ:サンショウの果皮)や
  ・筋肉の緊張を緩和して便秘に伴う腹痛を軽減する芍薬(シャクヤク)と甘草(カンゾウ)
  ・心の状態や胃腸症状を改善するために柴胡 (サイコ)や、人参(ニンジン)、
を含む方剤を考えます(図1)。
 身体を温めて腸機能と心身の状態を調えるところに漢方医療の特徴があります。

3.小建中湯(ショウケンチュウトウ)・・・小児の便秘に用いられる基本方剤

 小建中湯(ショウケンチュウトウ)は小児の便秘に用いられる基本方剤です。
 本方は疲れやすくて腹痛を伴い、便秘や軟便を繰り返す小児に適します。神経質な小児に適応されることが多いようです。

 小建中湯は、桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)に糖類性緩下薬の膠飴(コウイ)を加えた方剤です(図2)。

 小建中湯に関しては、漢方薬名の意味(6.建中湯類)を参照してください。

4.建中湯類の使い分けと組み合わせ

 小児の腹痛、腹部膨満感を伴う便通異常には小建中湯(ショウケンチュウトウ)を含めて以下のような使い分けがなされます(図3)。

1)便秘が顕著な場合は大黄(ダイオウ)を含む桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)が用いられます。
 なお、桂枝加芍薬大黄湯のかわりに、桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)と大黄甘草湯(ダイオウカンゾウトウ)か調胃承気湯(チョウイジョウキトウ)を少量併用すれば、大黄の使用量を調整することができます。

2)冷えと腹痛が顕著な場合は山椒(サンショウ)を含む大建中湯(ダイケンチュウトウ)が用いられます。
 大建中湯桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)と併用されます。痙攣性と弛緩性便秘が併発することに対応する工夫です。
これらの建中湯類の応用に関しては、便秘の漢方(3.痙攣性便秘)も参照してください。

5.小児の便秘に伴う全身症状に用いられるその他の方剤

小児は便秘以外の消化器症状を伴うことが多いようです。
1)ストレスによる胃痛を伴う時には柴胡(サイコ)と芍薬(シャクヤク)を含む方剤が用いられます。柴胡桂枝湯(サコケイシトウ)や四逆散(シギャクサン)が適します。

2)胃腸虚弱状態が背景にあるときには人参(ニンジン)を含む方剤が用いられます。
 ・胃もたれ嘔気には、茯苓飲(ブクリョウイン)や六君子湯(リックンシトウ)、
 ・食が細く疲労感やだるさを伴う時は補中益気湯(ホチュウエッキトウ)、
 ・疲労感や冷え症の場合には人参湯(ニンジントウ)、
などを用いることで便通が調う場合もあります。

これらの方剤は小児の全身状態を診て個別に判断されます。小児の便秘の漢方相談では、便秘以外の症状をくわしく話してください。

柴胡桂枝湯は、ストレス胃(2.胃痛、腹痛)を参照してください。
茯苓飲六君子湯は、胃もたれの漢方(3.胃腸虚弱)を参照してください。
補中益気湯は、疲労感の漢方(2.胃腸虚弱と疲労感)でも解説しています。

小児の便秘予防と保護者の役割

保護者のトイレ指導と便秘への早期の気づきが大切です。
 ・排便は大切なこと: 排便は汚いことではなく、生活や成長にとって大切なことを子どもに丁寧に教え、無理に我慢をしないことを理解させてください。
 ・お漏らしの対応:  お漏らしは子どもにとってストレスになります。子どもの自尊心を傷つけないように対応してください。
 ・便秘予防: 毎日の食事量やその内容に配慮するとともに、数日間の排便回数を確認してください。
 ・排便後の確認: 子どもは排便時に痛みを伴うと、排便をがまんして便秘になります。排便時の苦痛や排便後のすっきり感などを子どもに確認してください。

・お医者さんと相談
   便秘が続き、吐き気、強い腹痛、出血があれば、お医者さんの診察を受けてください。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「(4)高齢者の便秘」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
かぜ(風邪)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
感冒(首筋のこり)
感冒(頭重感)
感冒(頭痛)
感冒(ながびく咳)
感冒(のどの痛み)
感冒(吐き下し)
感冒(鼻風邪)
感冒(鼻水・くしゃみ)
感冒(ふしぶしの痛み)
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
口内炎
呼吸困難(COPD)
更年期障害(血の道症)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
(た行)
たん(痰)
男性不妊
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
婦人更年期障害(血の道症)
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味

TOP