きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

乾燥肌の漢方


1.乾燥肌・・・カサカサ肌、かゆみ肌、肌荒れ、年齢肌

 乾燥肌は、カサカサかゆみ肌やドライスキンとも言われます。年齢肌は「老いた肌」という刺激的な言葉を和らげるためのCM用の表現です。

 乾燥肌・カサカサかゆみ肌は、
  1)皮脂を少なくする洗浄剤や紙などを頻繁に扱う、
  2)清潔好きで石鹸を多用し、ゴシゴシとこする、
ことが続いて皮膚バリア機能が破綻することから始まります(図1)。
 乾き対策として保湿軟膏を外用して肌の手入れに注意してください。

 またストレスは皮下血流を減少させ皮脂を減らします。胃腸虚弱や加齢によって栄養不足になると皮脂が減少し皮膚が乾燥してかゆみに敏感になります。
この部分の調整には生活習慣の見直しに加えて漢方薬も有用です。

2.乾燥肌に用いられる生薬

 漢方では、図1の皮膚血流の低下を軽減して保湿力を回復させるために四物湯(シモツトウ)の4生薬(図2)を含む方剤が用いられます。

3.当帰飲子(トウキインシ)と温清飲(ウンセイイン)・・・乾燥肌、かゆみ

1)当帰飲子(トウキインシ)は、肌が乾燥し、角質がはがれる皮脂欠乏性湿疹や老人性皮膚掻痒症に用いられる基本方剤です。
 本方は四物湯の4生薬に、かゆみを軽減する荊芥(ケイガイ)や防風(ボウフウ)を加味した方剤です(図3)。

2)温清飲(ウンセイイン)は、当帰飲子より炎症の程度が顕著な乾燥した湿疹皮膚や皮脂欠乏性湿疹や手のひら湿疹(主婦湿疹)に炎に用いられます。
 本方は、図3に示すように四物湯(シモツトウ)と炎症を抑える黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)を配合した方剤です。

 温清飲に関しては、漢方薬名の意味(3.温清飲)を参照してください。

4.乾燥肌に用いられるその他の方剤

 乾燥肌に用いられるその他の方剤を図4にまとめました。

1)加味逍遙散(カミショウヨウサン)合四物湯・・・婦人更年期障害やストレスの関係した乾燥肌・肌荒れには加味逍遙散四物湯を併用します。

2)温経湯(ウンケイトウ)・・・足腰は冷えるが手のひらは「ほてる」婦人更年期障害に伴う乾燥傾向の肌荒れや手湿疹(主婦湿疹)に用いられます。

 本方は、四物湯熟地黄(ジュクジオウ)の代わりに、阿膠(アキョウ:動物の膠)と麦門冬(バクモンドウ)で皮膚の潤いを保ちます。漢方薬名の意味(2.温経湯)しもやけ(凍瘡)の漢方も参照してください。

3)十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)・・・胃腸が弱って栄養不足、貧血傾向、倦怠感、手足の冷えを伴う人の乾燥肌に適します。
  本方は、人参(ニンジン)と四物湯を含む方剤です。

4)八味地黄丸(ハチミジオウガン)・・・老人性皮膚掻痒症のかゆみに用いられます。
   本方も地黄(ジオウ)を含む方剤です。

~ちょっと一言:乾燥肌の予防と乾き対策のための養生

 カサカサかゆみ肌の手入れと予防には化粧水で水分を補ってから保湿成分やビタミンを含むクリームや乳液で油分を補い手入れをしましょう。
なお、手湿疹(主婦湿疹)には抗炎症成分を含む外用剤が必要です。

ビタミンA,C,Eの補給も怠りなく。
 A: 皮膚や粘膜のうるおいを維持・・・緑黄色野菜、魚(うなぎ)
 C: コラーゲン生成促進・・・野菜(パプリカ)、果物
 E: 血行を促進・・・ナッツ類、大豆、胡麻。

(2018年1月24日公開)

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP