きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

にきび


1.にきび(尋常性ざ瘡)

 にきびは、皮脂の分泌が過剰になって毛穴(ケアナ)が詰まり、炎症や「にきび菌」が増殖し赤くなる皮膚病です。

 発症のきっかけが皮脂の分泌過剰ですから、食事や肌の手入れ(洗顔)の影響を受けます。女性では月経不順と関連することもあります。

2.にきび治療における漢方医療

 にきびの漢方治療は、皮疹の色(とくに発赤状態)や経過、全身の病態(便秘や女性の場合は月経周期など)を総合的に判断して治療薬を決めます。

 なお、医療用の角化抑制剤(アダパレン)の外用や「にきび菌」が増殖し赤にきびには抗菌剤(アクチアクリームなど)の外用、内服(ミノマイシン、クラリスなど)も必要です(お医者さんと相談してください)。

3.にきび治療に頻用される3処方

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ) 顔面紅潮を伴う「赤にきび」

●荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ) 皮膚乾燥傾向を伴う慢性の(発赤を伴う)にきび

●十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ) 化膿、分泌物を伴う初期から亜急性期のにきび

※月経と関連してにきびが悪化する場合、上記3処方の一つと桂枝茯苓丸加ヨク苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)と併用して2剤で治療します。

4.にきび治療に頻用される3処方の配合生薬

 にきび治療の処方には、黄連(オウレン)、山梔子(サンシシ)、柴胡(サイコ)、連翹(レンギョウ)などの清熱薬(セイネツヤク)が主体になります。上の図から赤にきびに用いられる清上防風湯は、赤色で表示した生薬を多く含むことが分かります。

 さらに体表にとりついた外邪を取り除く解表薬(ゲヒョウヤク)の防風(ボウフウ)や荊芥(ケイガイ)が共通して含まれています。薄荷(ハッカ)、白シ(ビャクシ)も解表薬です。柴胡にも解表の薬能があります。

 清上防風湯に関しては、漢方薬名の意味(18.清上防風湯)を参照してください。

5.十味敗毒湯に含まれる桜皮(オウヒ)

 十味敗毒湯は、江戸時代の華岡青洲(ハナオカセイシュウ)が創案した処方です。本方には、桜皮(オウヒ:ヤマサクラの仲間の樹皮) が配合されています。桜皮は化膿性の皮膚病、咳嗽、食中毒の下痢などに用いられてきた日本の民間薬です。

 なお、現在の十味敗毒湯には、桜皮の代わりに撲そく(ボクソク:クヌギなどの樹皮)の配合された製剤もあります。

~ちょっと一言:にきび予防のために
  1. 脂っこい物、甘い物を控えめに: バター、ナッツ、ココア、チョコレートを控える。
  2. 禁煙、節酒
  3. ぬるま湯で洗顔フォームでていねいに洗顔し、タオルを肌に押し当てるように。
  4. 油性のファンデーションでこするのは控える。
  5. 便秘を解消(野菜や食物繊維を食べる)。

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP