きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.気管支喘息(喘息)の病態

 気管支喘息(喘息)は、発作性のせき(咳、咳嗽)、喘鳴(ゼンメイ)、呼吸困難を繰り返す疾患です。喘鳴はヒューヒュー、ゼイゼイという音を伴って苦しみながら息を吐く状態です。喘は呼吸困難や短い息づかいで「あえぐ」ことです。

 喘息の呼吸困難の原因には、以下のことが関係しています。
 1)気道過敏性  気道が刺激に対して過敏に反応し、気道が狭くなり、
 2)気道炎症   かぜなどの感染やアレルギーによる気道の慢性炎症があります。

 発作の引き金には、心理社会的因子(対人関係や過労・不摂生のような肉体的ストレス)や疲労も関係します。ストレスによる不安や怒りやいらだちが自律神経系を介して過敏性を高めるのです。

2.喘息治療の概要

 喘息治療の目標は、発作(激しい咳き込み)を予防し日常生活ができるようにすることです。薬物治療では発作治療薬と長期管理薬が使い分けられます(図1)。

 発作治療薬は、発作をしずめる薬です。発作期には現代科学医療の気管支拡張薬が確実であり漢方薬より優先的に使用されます。

 長期管理薬は、発作がおこらないように予防する薬です。咳き込む症状がない寛解期(カンカイキ)でも、気道が傷(炎症)によって狭くなっており、刺激に過敏になっているので薬が必要です。

3.喘息治療における漢方医療の適応領域

 喘息の漢方医療では、発作期、発作後の咳嗽と寛解期という症状(病態)の経時変化(病期ビョウキ)に応じて方剤を使いわけます(図2)。

 すぐれた発作治療薬のある現代では、漢方医療の特徴が生きるのは、図1の右下に示したように、寛解期を維持し体力を補養して発作を予防する領域です。

 図2の黄色く囲んだ方剤群を病態に応じて選び、
  ・長期管理薬を補完して寛解期を維持し、
  ・体力の虚衰した患者の生命維持活動(情緒活動、代謝・循環・消化・呼吸機能)を調えて発作を予防します。

 なお、寛解期の維持が漢方製剤の主な適応領域だとしましたが、麻黄(マオウ)を含む方剤は軽い発作や発作後の咳嗽にも用いられます。

4.喘息治療に用いられる主な生薬

 喘息に用いられる主な生薬を図3に示しました。発作期と寛解期に応じて使い分けられます。

1)軽度の発作や発作後の咳嗽には、麻黄(マオウ)剤の適応時期です。
  小青竜湯(ショウセイリュウトウ)は、麻黄半夏(ハンゲ)を含みます。

2)発作後の咳嗽と寛解期には人参(ニンジン)を含む以下の方剤の適応時期です。
  麦門冬湯(バクモンドウトウ)は、半夏麦門冬(バクモンドウ)をf含みます。
  柴朴湯(サイボクトウ)は、柴胡(サイコ)と厚朴(コウボク)と半夏を含みます。
  補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は、柴胡を含みます。

 漢方の古典には「咳は肺の異常だけではなく、全身(五臓六腑)の異常で発現する」と 記されています。寛解期の体調を整え、発作の引き金になるかぜを予防する補中益気湯(ホチュウエッキトウ)のような方剤を用いるのが漢方医療の特徴です。

 次回以降に喘息治療における漢方医療や漢方製剤の役割を臨床報告(エビデンス)を紹介しながら解説します。

~ちょっと一言:気管支喘息の予防や養生

 アレルギー性喘息の予防の第一は、生活環境中の抗原を減らすために部屋をこまめに掃除することです。家族の喫煙や室内のペット飼育も控えましょう。

 喘息発作の誘因で主なものは、かぜなどの感染症です。マスクは冷たい空気が咽や鼻を刺激するのを和らげるので有用です。高齢者にはインフルエンザの予防接種をお勧めします。

◎気管支喘息の持病がある人は、市販のかぜ薬に注意してください。
市販のかぜ薬に含まれるアスピリンは喘息患者には適さない薬です。
かぜ薬の購入に際して薬剤師さんに気管支喘息の持病があることを言って、アスピリンを含まない製剤を選んでもらってください。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP