きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.月経(生理)不順とその原因

 月経(生理)不順は、月経が始まった日から次の月経が始まる前日まで周期が定まらない状態のことです。

 月経の周期や期間が定まらないのは、女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)バランスの乱れが原因です。

 この女性ホルモンバランスの不調には、精神的なストレスによって脳からの性腺刺激ホルモンが乱れることも関係しています。

 そのため月経不順を予防し治療するためには仕事や生活習慣や食習慣を見直し、適度に運動して気分転換をはかることも重要です。

2.月経(生理)不順の漢方医学の病理

 漢方医療が適するのは、卵巣の機能性障害や精神的要因による月経不順です。

 卵巣や子宮に検査や所見で明らかな器質的な異常がある場合には西洋医学的な治療が必要です。(→「ちょっと一言」参照)

 月経不順の漢方医療では、先ず月経周期が早くなる(月経が頻発する)傾向か、遅くなる(稀発する)傾向かに注目し、さらに全身症状を加えて、(キ)・(ケツ)・(スイ)の機能や量の失調で病理病態を診断します。

気血水に関しては、総論(4:気血水)を参照してください。

 月経不順の主な病理には、図2に示すように、

  • 周期が早くなる傾向で、冷え症傾向で、疲労倦怠感、消化吸収機能の低下した状態は、気虚(キキョ)と、その結果として起こる血虚(ケッキョ)、
  • 周期が遅くなる傾向で、顔色や栄養状態の悪く、皮膚が乾燥傾向で、動悸や不眠を伴う血虚(ケッキョ)、
  • 周期が早くなったり遅れたり不安定で、心理社会的ストレスがたまり、気うつやいらだちなどを伴う気滞(キタイ)
があります。

血の道症に発症に関係する気血水の失調に関しては、血の道症(1:漢方医療の考え方)を参照してください。

3.月経(生理)不順の基本処方…温経湯(ウンケイトウ)

 図2には月経不順の主な病理として気虚血虚気滞を示しましたが、これらは複合して発現します。さらに、月経不順には微小循環不全に相当するオ血(オケツ)や、思春期の発育遅れや加齢による虚弱に相当する腎虚(ジンキョ)も関係します。

 このような複合した病理を調整する生薬を適切に組み合わせた処方が温経湯(ウンケイトウ)です。処方名は「温めて月経を調える」という効能に由来しています。

4.温経湯(ウンケイトウ)の主な配合生薬

 温経湯(ウンケイトウ)の主な配合生薬は、

  • 栄養状態の不足傾向の血虚を調整する、当帰(トウキ)と芍薬(シャクヤク)
  • 疲労感などバイタリティーの不足傾向の気虚を調整する人参甘草
  • 血液の循環不全のオ血(オケツ)を改善する牡丹皮(ボタンピ)、
  • 全身や下腹部が冷える寒証(カンショウ)を温める、桂皮(ケイヒ)、呉茱萸(ゴシュユ)、
  • 皮膚乾燥などの体液不足状態の津液不足(シンエキフソク)を潤す阿膠(アキョウ)、人参麦門冬(バクモンドウ)
などです。

 さらに本方には胃腸機能を調整する人参甘草半夏生姜も配合されていますので、連用に適しています。

5.温経湯(ウンケイトウ)の適応症状

 温経湯は、体力中等度以下で、手足がほてり、唇が乾く人の「月経不順、月経困難、こしけ、更年期障害、不眠、神経症、湿疹・皮膚炎、足腰の冷え、しもやけ、肌荒れ(手の湿疹・皮膚炎)」に適します。

 本方は、血虚によって月経周期が遅れる人にも、気虚によって早くなる人にも適します。

 婦人科領域で頻用されるのは、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)と桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)ですが、本方は、この両方の効能を合わせ持ち、冷え症と乾燥状態を改善する処方です。冷え症が主体ですが、口が乾燥する傾向にあり、手の平(掌)や足の裏が「ほてる」のが使用目標です。

~ちょっと一言:専門医に相談してください
  • 思春期外来  15~16歳を過ぎても初経がない場合は、婦人科(思春期外来)で相談するとよいでしょう。なお、無理なダイエットが原因のこともあります。
  • 婦人科検診  稀発や頻発月経が続くようでしたら、自分の基礎体温の変動記録を持って婦人科で検査を受けてください。
     40歳以降の月経不順で出血量が多い場合は、子宮筋腫や子宮内膜症などの可能性がありますので、検診が必要です。
あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「血の道症(1)漢方医療の考え方」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP