漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.過敏性腸症候群

 過敏性腸症候群は排便異常や腹痛を伴う機能性の腸疾患です。背景にはストレスの鬱積による不安や不眠、胃腸虚弱、冷え症など様々なことが引き金になります。

 過敏性腸症候群には便秘が主体の便秘型と、下痢が主訴になる下痢型があります。下痢型は、緊張したり通勤途中で腸がグルグルと鳴って突然下痢気味になることがあります。排便できれば腹の不快感は軽減します。

2.半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)…過敏性腸症候群(下痢型)に用いられる基本漢方処方

 過敏性腸症候群の下痢傾向に用いられる第一選択薬は半夏瀉心湯です。本方は心窩部(みぞおち部)がつかえて、嘔気を伴い、口がねばり、おなかがグルグル鳴り、ベトベトした泥状の軟便の状態に適します。

 本方の配合主薬の基本は、人参甘草大棗(タイソウ)という胃腸機能を整える補気(ホキ)薬です。さらに、むかつきや吐き気を整える化痰(ケタン)薬の半夏(ハンゲ)、口臭や口のねばり、胃痛などの熱証を軽減する黄連(オウレン)と黄ゴン(オウゴン)という清熱(セイネツ)薬が含まれています。

黄ゴン(上の写真):コガネバナの根。みぞおちのつかえ感、嘔吐、下痢に用いられる。
黄連(下の写真):オウレンの根茎。イライラやのぼせ、動悸、みぞおちのつかえ感に用いられる。

 半夏瀉心湯は、口内炎を伴うストレス胃にも用いられますので、ストレス胃(1.口内炎・イライラ)も参照してください。

 なお、吐き気が気になる場合には、すった(おろした)土ショウガを混ぜた温湯で服用すると良いでしょう。(温湯で吐き気が誘発される場合は、冷たい水で飲んでください)

3.人参湯(ニンジントウ)…冷えの強い過敏性腸症候群(下痢型)

 人参湯は、半夏瀉心湯の適応病態より虚弱で疲れやすく、手足の冷えや腹痛の顕著な状態に適します。

 なお、人参湯は冷房病の腹痛や下痢軟便を伴う「冷え症」にも用いられますので、冷え症(6.冷え腹・腹痛)も参照してください。

 人参湯に含まれる人参甘草乾姜(カンキョウ)は半夏瀉心湯と共通ですが、消化器系の機能を整える白朮(ビャクジュツ)が含まれているのが相違点です。

 白朮は、胃もたれ、下痢など消化器系に停滞した水を除いて機能を整える利水(リスイ)薬です。

 和白朮の和は、日本の規格の白朮という意味です。白朮の原材料は日本と中国とで異なっていますので「和」をつけて区別します。

4.過敏性腸症候群(下痢型)に用いる処方のまとめ

  ストレス由来の過敏性腸症候群の下痢を主とする便通異常に用いられる基本処方は、半夏瀉心湯です。

 お腹の冷えや疲労感が顕著であれば人参湯が適します。

 さらに全身の疲労倦怠感やめまい感が強い場合は、真武湯が用いられます。

 人参湯真武湯の処方内容は、冷え症(6)冷え腹・腹痛を参照してください。


~ちょっと一言:泄瀉(セッシャ)と痢疾(リシツ)

 漢方医療では、過敏性腸症候群や寝冷えの下痢軟便のような非感染性の下痢は泄瀉(セッシャ)といいます。人参湯の適応は主に泄瀉です。

 一方、食中毒のような細菌感染性の下痢は痢疾(リシツ)と言い区別しています。半夏瀉心湯の主な適応は泄瀉ですが、軽度の痢疾にも応用できます。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「(1)便秘型」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP