きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

漢方医療とは

1.セルフメディケーション(セルメ)

 日本の現代医療には、セルフメディケーション(セルメ)と保険診療という二つの枠組みがあります(図1)。それぞれの治療で漢方薬が使われています。

 セルフメディケーションは「自己管理治療」と訳され、「セルメ」と略記されます。  セルメは、生活者が自らの健康に関心を持ち、自己の健康管理のため一般用医薬品(OTC薬)や食品等を使用することです。

 なお、セルフメディケーションの「セルフ」は、生活者が“自分勝手”に薬を使うという意味ではありません。市販の薬の使用に際しては、薬局・薬店で薬剤師や登録販売者から薬の選択や適正使用の指導を受けることが前提になっています。

2.セルメの健康相談と漢方相談

薬局・薬店の店頭におけるセルメには、図2に示すように
 ・体調の違和感や軽微な症状について、疾患を予防するための「健康相談」と、
 ・普通感冒、花粉症、にきび、月経不順などの症状を治療するための「漢方相談
が含まれます。

 一般用漢方製剤は、このような病院に行くほどではない身体の不調や軽度の疾患に対して、自然治癒力を補助したり、症状を軽減するために利用されています。

 図2は、セルメの対象となる症状は、健康相談と漢方医療にまたがり、さらに保険診療が必要な疾患につながる(進展する)ことを示しています。保険診療と薬局での漢方相談を組み合わせる場合は、担当のお医者さんや薬局の薬剤師に相談してください。

 医院や病院での診療が必要な疾患を早期に見出して、受診をお勧めすることも薬剤師の仕事です。「かかりつけ薬剤師」に気楽にご相談ください。

3.セルメでの上手な相談のしかた

3.1) 症状を詳しく

 漢方は「患者さんの病気物語」を聴くことからはじまる対話の医療です。

 病名ではなく、症状を話してください。

 相談では、主訴(もっともつらい症状)に関して、
 どこが、どのように、いつから、
 どのような状況で起こるか(軽くなるか)
を話して下さい。

 さらに、主訴それに伴う随伴症状や日頃の状況で気になることがあれば具体的に話してください。

3.2) 現在使用中の薬があれば、見せてください。
   漢方薬と西洋薬との組み合わせ(飲み合わせ)を判断します。

3.3) 薬に対するアレルギーや副作用の経験があれば話してください。

3.4) 妊娠中、授乳中であれば話してください。
   妊娠中に服用しないことが望ましい漢方薬もあります。

4.セルメにおける患者さんの役割

 薬局・薬店の店頭での健康相談や漢方相談の流れを図3に示しました。

 患者さんの役割が(1)、(3)、(5)です。とくに患者さんにとってもっとも大切な役割は(3)に示したように、薬を適切な時期に適切な量を服用することです。また安静や食養生も大切なことを理解してください。

 相談を受けた薬剤師は、(2)にあるように重篤度・緊急度を判断し、場合によっては医師の診療を勧めることがあります。

患者さんにお願いしたいことは、(3)のように適正に薬を使用し(服用し)、 (4)のように使用後の結果(症状の変化や違和感など)を話していただくことです。

~ちょっと一言:薬はお酒で服用しない

 薬はアルコールを含む飲み物で服用しないでください。副作用が現れやすくなることがあります。

 漢方製剤は水で服用するのが基本です。とくにのぼせ気味や、むかつきのある場合は水で飲んでください。

 なお、冷え症傾向の人は「ぬるま湯」に混ぜて服用することをお勧めします。

  • 前のページ「総論(8)」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
抑うつ感
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP