きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

花粉症の漢方

(1)急性期の治療
(2)寛解期の治療

1.花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の寛解期の治療

 毎年繰り返す花粉症の治療では、鼻症状の出ていない寛解期の治療も大切です。
漢方治療には、鼻水などの症状発現時期の対症治療と、鼻症状は出ていない寛解期の予防治療があります(図1)。

 ここでは、図1の緑の枠で示した鼻症状の出ていない寛解期において、花粉症を予防し根治を目指すための漢方の考え方と使用方剤を紹介します。

 なお、花粉症の急性期の対症治療に用いられる小青竜湯(ショウセイリュウトウ)に関しては花粉症の漢方(1.急性期の治療)を参照してください。

2.寛解期に用いられる漢方方剤(1.胃腸虚弱の軽減)

 寛解期に用いられる方剤を選ぶ一つ目の着目点は、胃腸虚弱と易感染性を改善することです。胃腸虚弱で消化吸収力が弱ければ、かぜをひきやすくなり、アレルギー症状が発現しやすくなるからです。

 上記の処方は消化吸収力を調えて虚弱状態を改善する方剤です。
かぜをひきやすいことを目標に用いられる黄耆建中湯(オウギケンチュウトウ)や柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)の配合生薬と主な適応症状を図2にまとめました。

黄耆建中湯については、漢方薬名の意味(6.建中湯類) を、
柴胡桂枝湯については、ストレス胃(2.胃痛) を参照してください。

3.寛解期に用いられる漢方方剤(2.神経過敏の軽減)

 寛解期の維持療法の二つ目の着目点は、ストレスうっ積状態に着目することです。ストレスをため込んだ神経過敏状態(自律神経の不安定状態)が続くとアレルギー反応が起きやすくなるからです。

 これらの中で、柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)には花粉飛散前から予防的に服用すると鼻症状が軽くなったという臨床報告があります。

 本方は、神経過敏でやや貧血気味の虚弱者に適した体質改善剤です。不眠、不安、動悸、息切れ、口の渇き、手足の冷えなど多様な精神神経症状に用いられています。  気うつ傾向があれば本方と半夏厚朴湯(ハンゲコウボクオウ)が併用されます。

4.寛解期に用いられる漢方方剤(3.冷えの軽減)

 寛解期に用いる方剤を選ぶための三つ目の着目点は、冷えに着目することです。冷え(血行障害)が続くと生命維持活動が低下しかぜをひきやすくアレルギー反応が起きやすくなるからです。

 これらの中で、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)には花粉飛散前に投与して鼻アレルギー症状を軽減した報告があります。

 本方は、冷えを伴う下肢や腰の痛み(坐骨神経痛)、腹痛、頭痛(片頭痛)に悩む人に用いられる方剤です。散寒薬(サンカンヤク)の桂皮(ケイヒ)、呉茱萸(ゴシュユ)と細辛(サイシン)と補血薬(ホケツヤク)の当帰(トウキ)で冷えを温めます(図4)。

 当帰四逆加呉茱萸生姜湯に関しては、冷え症(4 腰痛)冷え症(6 腹痛)を参照してください。

5.花粉症の漢方治療のまとめ

 花粉症の漢方治療は、症状発現期と寛解期にわけて考えます(図5)。
  ・症状発現期には小青竜湯(ショウセイリュウトウ)を中心にて処方を組み合わせます。花粉症の漢方(1.急性期の治療)を参照してください。
  ・寛解期には全身症状(胃腸虚弱、神経過敏 冷え症など)を調える多様な方剤を使い分けます。

 寛解期に用いられる漢方方剤は、患者さんごとに異なりますので漢方医療に詳しい先生に相談してください。

~ちょっと一言:花粉症の寛解期の漢方医療

  花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の鼻炎症状がでていない寛解期を維持するために用いられる方剤は、花粉症に悩む人の全身状態を診て選ばれます。このような体調調整医療は漢方の得意とする領域です。

 花粉飛の予防根治のための漢方相談の時には、鼻症状以外の、日頃の胃腸状態(食欲や便通)、ストレス症状(いらだち、気うつ)、冷え症、睡眠などの全身状態をくわしく話してください。

 なお、鼻症状が出ていないときに薬を服用するのは根気が必要です。胃腸虚弱や冷え症のある人は、それを軽減するために継続して服用してください。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「(1)急性期の治療」

症状と漢方薬

(あ行)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃腸虚弱
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
過活動膀胱
かぜ(風邪)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
感冒(首筋のこり)
感冒(頭重感)
感冒(頭痛)
感冒(ながびく咳)
感冒(のどの痛み)
感冒(吐き下し)
感冒(鼻風邪)
感冒(鼻水・くしゃみ)
感冒(ふしぶしの痛み)
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血糖
口内炎
呼吸困難(COPD)
更年期障害(血の道症)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
(た行)
たん(痰)
男性不妊
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
婦人更年期障害(血の道症)
不眠
不眠(産後)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味

TOP