きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.高血圧「随伴症状」において漢方薬にできること

 一般用の漢方製剤の適応となるのは、軽症高血圧(正常高値やⅠ度高血圧)に伴う症状を軽減することです。血圧が160/100 mmHgを超えるⅡ度以上の高血圧は、西洋薬剤の治療を優先するべきでしょう。

 漢方製剤は、ストレスの関与が大きく血圧が動揺し、頭痛、のぼせ、イライラ、動悸、不安感など多様な随伴症状を有する人に適します。
 漢方医療では、このような症状群から気滞(キタイ)や気逆(キギャク)と診断して、生薬や処方を使い分けます。

 このような気滞や気逆の症状に用いられる漢方処方は、下図の神経系を調整する薬剤に相当します。自覚症状を軽減して患者さんの生活の質(QOL:quality of life)を高めることが漢方医療の目標です。

2.高血圧「随伴症状」における気滞と気逆

 気滞と気逆は、ストレスに対する反応の仕方から診断されます。

  • 気滞は抑うつ傾向、不安感、集中力低下、胸のつかえ感などから判断され、
  • 気逆はイライラ、焦燥感、頭痛、のぼせ、顔面紅潮などから診断されます。

なお気滞と気逆が併発することも多く、明確に区別し難い病態もあります。

3.理気薬

 気滞と気逆を調整する漢方薬を理気薬(リキヤク)と総称します。なお気が上に衝き上げる気逆を調整する漢方薬は降気薬とも言われます。さらに現代の中国では、熄風(ソクフウ)薬や安神(アンジン)薬などより細かな分類がなされています。

 これらを含めて主な理気薬を以下に示します。

高血圧随伴症状に用いられる主な理気薬
釣藤散に配合されている理気薬

 気滞を調整する半夏と陳皮、気逆を調整する釣藤鈎と菊花が含まれている処方が釣藤散(チョウトウサン)です。

 釣藤散は、かんしゃく傾向の人の頭痛、のぼせに用いられます。

4.高血圧随伴症状に用いられる主な漢方処方と理気薬

5.生活習慣病には節制が基本

 本態性高血圧では、肥満を伴う場合が多いので運動不足や食べ過ぎなどの生活習慣の見直しが重要です。
 野菜をしっかりと摂り、脂肪や塩分の少ない食事をしながら、この高血圧(1)~(5)で紹介した漢方製剤を体調と症状に応じて服用することをお勧めします。
 これが一般用漢方製剤の一次予防への応用です。漢方は養生を基本とした予防医療です。これが漢方の予防医療の理念の「治未病」に通じます。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 高血圧に伴う症状(その4)動悸

症状と漢方薬

(あ行)
足腰の衰え(虚弱)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障害
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障害
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
腰痛(男性更年期障害)
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP