漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

漢方薬名の意味
(1)安中散(アンチュウサン)
(2)温経湯(ウンケイトウ)
(3)温清飲(ウンセイイン)
(4)帰脾湯(キヒトウ)
(5)啓脾湯(ケイヒトウ)
(6)建中湯類(ケンチュウトウ ルイ)
(7)五積散(ゴシャクサン)
(8)牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)
(9)柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)
(10)三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)
(11)滋陰降火湯(ジインコウカトウ)
(12)四逆散 (シギャクサン)
(13)十全大補湯 (ジュウゼンタイホトウ)
(14)潤腸湯(ジュンチョウトウ)
(15)小青竜湯 (ショウセリチュウトウ)
(16)消風散 (ショウフウサン)
(17)辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)
(18)清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)
(19)清暑益気湯(セイショエッキトウ)
(20)清心蓮子飲(セイシンレンシイン)
(21)清肺湯(セイハイトウ)
(22)疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)
(23)大建中湯(ダイケンチュウトウ)
(24)大承気湯(ダイジョウキトウ)
(25)竹筎温胆湯(チクジョウンタントウ)
(26)調胃承気湯(チョウイジョウキトウ)
(27)通導散(ツウドウサン)
(28)桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
(29)二陳湯(ニチントウ)
(30)女神散(ニョシンサン)

1.漢方方剤を漢字で記載する意味

 漢字で記載された漢方方剤は「読みにくい」、「親しみにくい」などという声を聞きますが、漢方方剤を漢字で記載することには、大きな意味があります。例えば、
 ・葛根湯(カッコントウ)とあれば、方剤中の主要な生薬が葛根であることが分かります。
 ・小青竜湯(ショウセイリュウトウ)は、青竜が麻黄(マオウ)の異名であることから、麻黄を主薬にした方剤だと理解できます。
 ・安中散(アンチュウサン)の名は、効能を示しているので使用するヒントが得られます。

 このように漢方方剤の漢字は、その方剤の特徴を表しています。今回からはじまる「漢方薬名の意味」では、方剤名の由来・故事・意味を解説します。とくに効能にちなんで名付けられた方剤を中心にする予定です。

2.安中散(アンチュウサン)の謂われ・・・中を安らかにする散剤(サンザイ)

 安中散の「中」は、胴体(体幹)の中央部の意味です。いわゆる「おなか」に相当します。

 漢方用語の中焦(チュウショウ)の「中」に由来します。臍から上部の腹部に相当し、五臓六腑(ヒ)と(イ)、すなわち上部の消化機能を担う部位です。

 「安」は、やすらかにする、安定させる、という意味ですから、安中散は、胃腸機能を調える薬効を有する散剤であることが分かります。

 散剤は生薬末を混合した方剤です。古典には温めた酒で服用するよう記載されています。

3.安中散の適応・・・胃腸虚弱と冷え

 安中散は胃痛、腹痛、胸やけ、げっぷ、胃もたれ、食欲不振などを伴う「神経性胃炎、慢性胃炎、胃腸虚弱」に用いられます。

 とくにイラストのような冷え症で体力の余力の乏しい人の機能性胃腸症の胃痛や腹痛に適します。

 漢方医療の経験では、「甘い物を好む」人の胃腸虚弱や痛みに適すると言われています。

 本方は、一般用医薬品として市販されている漢方胃腸薬の基本となる方剤です。

4.安中散の配合生薬・・・温めて胃腸機能を調える

 安中散はもともと散剤でした。配合生薬はいろいろと変遷がありますが、現在では以下の7生薬を煎じた後、エキス化した製剤として用いられています。

 図1で桂皮(ケイヒ)のように青字で記載した生薬は、エネルギー不足や冷たい物の摂り過ぎで冷えている胃腸を「温めて」痛みや機能低下を改善する効能があります。この効能を散寒(サンカン)、温中(オンチュウ)、温胃(オンイ)と言います。

5.安中散・・・香りで胃腸機能を調える

 安中散に含まれる桂皮縮砂(シュクシャ)、良姜(リョウキョウ)、茴香(ウイキョウ)は香りで胃腸の機能を調える芳香性健胃薬です。

 縮砂(シュクシャ)は径1cm程度の球形で、10個で約9g程度の種子の塊です。

 茴香(ウイキョウ)は長さ約1cm、幅2-3mmの長円柱形で、50個で約0.6g程度の小さな軽い果実です。香りで胃腸の機能を調える芳香性健胃薬です。香辛料のフェンネルに相当します。

6.安中散・・・胃痛・腹痛を痛みを軽くする

 安中散は、ストレスによる気うつ感を軽減して痛みを軽くする方剤です。鎮痛効果を担うのは延胡索(エンゴサク)で、その鎮痛作用は薬理学的に明らかにされています。

 延胡索(エンゴサク)は径1-2cm程度の偏球形で、10個で約20g程度の質の重い塊茎です。

 安中散延胡索(エンゴサク)に関してはストレス胃(2 胃痛腹痛)も参照してください。

~ちょっと一言:安中散の応用

 安中散は主に機能性胃腸症の胃痛・腹痛に用いられます。慢性の胃腸症状には柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)と併用され、体力が低下し疲れを伴う場合には補中益気湯(ホチュウエッキトウ)や六君子湯(リックンシトウ)と併用されてきました。

 さらに、冷え症傾向の月経痛にも適し、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)や加味逍遙散(カミショウヨウサン)と併用されます。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ

症状と漢方薬

(あ行)
足腰の衰え(虚弱)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
過換気症候群(過呼吸)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
軽度認知障碍
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障碍
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
脳梗塞と脳出血
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障碍
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
めまい(婦人更年期障碍)
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
やせと栄養失調
腰痛(男性更年期障碍)
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP