きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

チックの漢方


1.小児のチック

 チックは、目をパチパチする顔をしかめる肩をすくめるなど本人の意思とは関係なく繰り返す痙攣様の症状です。咳払い、奇声を発するなどの症状も認められます。虚弱児に多い過敏性体質神経過敏型に分類されています。

2.チックの漢方治療の概要

 漢方ではチックの病態は、ストレスうっ積後の抑うつ感気滞(キタイ)やいらだち気逆(キギャク)と、その背景にある胃腸虚弱などがあると考えます。

 チックの漢方治療ではこれらの病態の経時変化(病期 ビョウキ)を考慮して、
 1)症状の顕著な状態では即効性で飲みやすい対症療法的な方剤を用い、
 2)症状が落ち着けば虚弱病態を整える方剤で寛解期を維持します(図1)。

3.チック症状の軽減

(カンバクタイソウトウ)は、緊張傾向による不安心配夜泣きを伴う幼児のチックに用いられます。夜泣きを参照してください。
 本方は、甘草(カンゾウ)と大棗(タイソウ)を含み(図2)、甘くて飲みやすいので漢方製剤に慣れていない幼児に最初に投与する漢方製剤として適します。薬味が少ないので即効性が期待できます。

(ヨクカンサン)は、落ち着きがなく神経が昂ぶる小児のチック症状やひきつけ歯ぎしりに頻用されてきました。
 本方は認知症の行動・心理症状(BPSD)への応用で有名になりましたが、小児の薬として創案されました。抑肝散を参照してください。

 関連する抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ)は、抑肝散の適応病態に胃もたれ吐き気腹部膨満感などの胃腸症状が加わった病態に使用されます。

 甘麦大棗湯抑肝散の区別は、困難な場合もありますが、敢えて区別すれば、
・甘麦大棗湯不安抑うつ緊張依存的で(涙もろい)子どもに適し、
・抑肝散は、かりかりした怒りいらだち暴言を伴う子どもに適します。

 報告例をみると(甘くて服用しやすい)甘麦大棗湯を先に用いてから、抑肝散抑肝散加陳皮半夏を併用する症例が多いようです。

子母同服(シボドウフク):甘麦大棗湯抑肝散で治療する時には、付き添いの保護者(母親)の心配いらだちを患児と同時に治療することがあります。
抑肝散の「ちょっと一言」を参照してください。

4.抑肝散の応用展開

 抑肝散をチックに用いた症例報告では服用期間は数ヶ月から6ヶ月に及んでいます。チック症状が軽減してくれば、消化吸収機能の調整や精神神経症状の軽減など全身病態に対応した治療も必要になります。

 抑肝散と胃腸を整える方剤との併用例を図3に示します。

5.チック患児の全身病態の調整

 桂枝湯(ケイシトウ)の関連方剤は、小児の体調調整に頻用されます。桂枝湯の薬能は広義の補血補気に相当します。

(サイコケイシトウ)は、頭痛、肩こり、易感染性傾向の子どものチックの体調管理に適します。抑肝散と併用して内に秘めた怒りが顕在化(爆発)するのを予防します。

 本方は味が悪くなく適応範囲が広くいらだち不眠など精神神経症状や疲労感、食欲不振腹痛にも適することから虚弱児の体質改善に頻用されています(図4)。

 なお本方は、小児だけでなく成人の不定愁訴や、食欲不振吐き気など消化器症状を伴う亜急性期のかぜにも適します。胃腸かぜを参照してください。

 柴胡桂枝湯は、和解剤小柴胡湯(ショウサイコトウ)と桂枝湯図5の黄色枠内の5生薬)の合剤です。小柴胡湯(7味)+桂皮(ケイヒ)芍薬(シャクヤク)の9生薬です。柴胡芍薬理気剤の基本薬対です。患児の緊張を和らげます。

(ショウケンチュウトウ)は、桂枝湯芍薬を増量した桂枝加芍薬湯補気薬膠飴(コウイ:水飴)を加味した方剤です。建中湯類を参照してください。

 本方は、易感染性、起立性調節障碍、反復する腹痛(臍疝痛)、腹部膨満感や兎のようなころころ便(過敏性腸症候群)などの小児の体質改善に用いられます。根気が続かず疲れ易い状態を胃腸を整えて改善する補剤です。
 味が良いので小児に使用しやすい方剤です。夜泣きを参照してください。

(ケイシカリュウコツボレイトウ)は桂枝湯安神薬竜骨(リュウコツ)と牡蛎(ボレイ)を加味した方剤です。疲労感(4)で本方と他の安神剤と比較しています。

 本方は、神経過敏動悸物音に敏感不安不眠、多夢に用いられます。朝の調子が悪く倦怠感のある身体と「こころ」を調整する方剤です。疲労感(5)を参照してください。少量の小建中湯を併用します。

ちょっと一言:(トピックス)

チック患児の漢方治療の「第一歩」

小児漢方では、飲みやすい方剤が、漢方治療の「第一歩」になります。
1)甘麦大棗湯(カンバクタイソウトウ)が一推です。不安そうな子
 「心配しなくていいよ」と言いながら試しに飲んでもらいます。
2)小建中湯(ショウケンチュウトウ): 腹痛、疲れて根気の続かない子に。
3)柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ): 頭痛、腹痛、緊張している子に。

(2022年9月29日 公開)


症状と漢方薬

(あ行)
RSウイルス
足腰の衰え(虚弱)
アトピー性皮膚炎
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
運動器症候群
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
過換気症候群(過呼吸)
霍乱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
かんしゃく
関節痛(冷え症)
関節リウマチ
感染性胃腸炎
乾燥肌
がん
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
虚労
起立性調節障碍
緊張型頭痛
筋肉減少症
軽度認知障碍
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
五十肩
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
骨粗鬆症
子どもがほしい
こむら返り
コロナ後遺症
(さ行)
サルコペニア
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
湿疹
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
主婦湿疹
女性不妊
暑気あたり
自律神経失調症
脂漏性湿疹
尋常性乾癬
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
頭痛(しめつける痛み)
頭痛(低気圧)
頭痛(婦人更年期障碍)
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障碍
男性不妊
蓄膿症
血の道症
チック
痛風
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
低気圧頭痛
天気痛
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
夏やせ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
脳梗塞と脳出血
のぼせ感
ノロウイルス下痢
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿異常
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労感
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障碍
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
変形性膝関節症
片頭痛
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性疲労症候群
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
めまい(婦人更年期障碍)
(や行)
夜間頻尿
やせと栄養失調
腰痛
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
夜泣き
(ら行)
冷房下痢
ロコモ

TOP