きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

片頭痛の漢方


1.片頭痛の基礎知識

 漢方製剤の適応になる頭痛は、疾患との関連が乏しい一次性頭痛です。
 ここでは、一次性頭痛の中の発作性ズキズキと波打つように痛む片頭痛(偏頭痛)の漢方医療を考えます(図1)。 

 片頭痛の予防と治療は図1予防のための注意点に示したように原因や誘因を少なくすることが大切です。発作の引き金になる状況(チョコレート、チーズ、赤ワインの摂取)を控えるようにしてください。

 急性期の痛みには西洋薬の鎮痛薬が主体になります。しかしながら漫然と連用せずに適切に服用してください。「ちょっと一言」を参照してください。

 漢方医療は、頭痛に伴う全身症状に注目して適切な方剤を選びます。

2.片頭痛に用いられる主な生薬と方剤

 片頭痛には、ストレスがうっ積し、神経過敏状態、緊張、冷えのぼせや吐き気を伴って発症します。
 このことから、気逆(キギャク)や痰飲(タンイン)を調整する生薬を含む方剤の適応が考えられます(図2)。
 苓桂朮甘湯や(リョウケイジュツカントウ)や呉茱萸湯(ゴシュユトウ)が頻用されます。

3.のぼせ、めまい、高血圧傾向の朝方頭痛

 釣藤散(チョウトウサン)は、のぼせめまい、を伴う片頭痛に用いられる方剤です。
気むずかしくかんしゃく傾向の人に適します。高血圧傾向で肩こりを伴う緊張型頭痛にも用いられます。

 脳梗塞と脳出血の漢方(1.後遺症)を参照してください。

4.めまい、むくみを伴う頭痛

4.1) 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)は、発作的な動悸、息切れ、めまい、立ちくらみを伴う片頭痛に頻用されます。

4.2) 五苓散(ゴレイサン)は、吐き気、口渴、むくみなど二日酔いに類似した症状を伴う頭痛に用いられます。舌の周辺の歯痕がむくみの指標になります。

 本方と苓桂朮甘湯の使い分けはめまいの漢方(3.頭痛、頭重感)を参照してください。   

4.3) 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)は、貧血傾向で体力の低下した冷え症で月経前のむくみを伴う片頭痛に用いられます。女性の片頭痛に頻用されています。

 本方に関しては、婦人更年期障碍の漢方(10.頭痛)を参照してください。

5.顕著な冷えを伴う片頭痛

5.1) 呉茱萸湯(ゴシュユトウ)は片頭痛に用いられる代表的な方剤です冷え胃もたれ、吐き気、肩こりを伴う激しい頭痛に適します。本方は、肩や首筋がこる緊張型頭痛にも用いられます。
 本方と関連する当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)は婦人更年期障碍の漢方(10.頭痛)を参照してください。


5.2) 桂枝人参湯(ケイシニンジントウ)は、冷えと下痢を軽減する人参湯(ニンジントウ)に頭痛を軽減する桂皮を加えた方剤です。足は冷えるが顔はのぼせる状態に適します。
 本方は、軟便下痢、倦怠感を伴う頭痛呉茱萸湯吐き気、嘔吐を伴う激しい頭痛を指標にして使い分けます。

ちょっと一言:(トピックス)

薬物乱用頭痛に注意

 頭痛の痛みを軽減するために市販の鎮痛薬を長期に(3ヶ月以上)連用している場合は医師に相談してください。
 薬物乱用頭痛の可能性があります。間歇期の予防に適する薬物に置き換えることが適切かもしれません。

 なお、片頭痛で吐き気や熱発が続く場合も医師(神経内科心療内科)の診察を受けることを勧めます。

(2020年3月3日公開)


症状と漢方薬

(あ行)
足腰の衰え(虚弱)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
過換気症候群(過呼吸)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
がん
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
緊張型頭痛
軽度認知障碍
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
自律神経失調症
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
頭痛(しめつける痛み)
頭痛(婦人更年期障碍)
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障碍
男性不妊
蓄膿症
血の道症
痛風
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
脳梗塞と脳出血
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障碍
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
片頭痛
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
めまい(婦人更年期障碍)
(や行)
夜間頻尿
やせと栄養失調
腰痛(男性更年期障碍)
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
(ら行)
冷房下痢

TOP