漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

漢方薬名の意味
(1)安中散(アンチュウサン)
(2)温経湯(ウンケイトウ)
(3)温清飲(ウンセイイン)
(4)帰脾湯(キヒトウ)
(5)啓脾湯(ケイヒトウ)
(6)建中湯類(ケンチュウトウ ルイ)
(7)五積散(ゴシャクサン)
(8)牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)
(9)柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)
(10)三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)
(11)滋陰降火湯(ジインコウカトウ)
(12)四逆散 (シギャクサン)
(13)十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)
(14)潤腸湯(ジュンチョウトウ)
(15)小青竜湯(ショウセリチュウトウ)
(16)消風散(ショウフウサン)
(17)辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)
(18)清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)
(19)清暑益気湯(セイショエッキトウ)
(20)清心蓮子飲(セイシンレンシイン)
(21)清肺湯(セイハイトウ)
(22)疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)
(23)大建中湯(ダイケンチュウトウ)
(24)大承気湯(ダイジョウキトウ)
(25)竹筎温胆湯(チクジョウンタントウ)
(26)調胃承気湯(チョウイジョウキトウ)
(27)通導散(ツウドウサン)
(28)桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
(29)二陳湯(ニチントウ)
(30)女神散(ニョシンサン)

1.十全大補湯 (ジュウゼンタイホトウ)の謂われ・・・大いに補う完全な湯剤

 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)の十全には、「完全な、欠点のない、パーフェクトな」という意味があります。そこで方剤名は、虚弱状態を大いに補う効能が完全な湯剤(トウザイ:煎じ薬)という効能に由来しています。

2.十全大補湯 (ジュウゼンタイホトウ)の適応・・・顔色が悪い、疲労倦怠感

 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)は、消化吸収力が弱いため栄養不足状態、貧血傾向になっている人に用いられます。

 皮膚が乾燥し色つやが悪く、体力の低下した人の疲労倦怠感(立っているのがつらく、横になりたい状態)や手足の冷えに適します。

 十全大補湯の適する虚弱状態はさまざまな疾病に悩む患者さんに認められます。
 ・熱中症と夏ばて(2.夏ばて)や、
 ・慢性疲労症候群(2.方剤の使いわけ)
 ・血の道症(2.月経不順)不妊(1.女性不妊)を参照してください。

3.十全大補湯の配合生薬

 十全大補湯は、二つの方剤を組み合わせた内容になっています。図2の
  ・上段の4生薬が、消化吸収機能の低下を調整する代表的な補気剤(ホキザイ)の四君子湯(シクンシトウ)の構成生薬です。
  ・中段の4生薬が、皮膚が乾燥し栄養不足状態を補う代表的な補血剤(ホケツザイ)の四物湯(シモツトウ)の構成生薬です。
  本方は、この8生薬に加えて補気薬黄耆(オウギ)と温める散寒薬(サンカンヤク)の桂皮(ケイヒ)を含めて10生薬で構成されています。

 写真は白朮(ビャクジュツ)ですが、日本のエキス製剤では白朮(ビャクジュツ)の代わりに蒼朮(ソウジュツ)を配合した製剤もあります。

 十全大補湯の効能を特長つける生薬は、人参(ニンジン)と地黄(ジオウ)です。地黄には加工調製法の相違によって2種類の規格があります(図3)。

 十全大補湯の原典では、加熱処理された熟地黄(ジュクジオウ)が配合されていますが、日本のエキス製剤では、日本薬局方規格のジオウが配合されています。これは乾燥した乾地黄(カンジオウ)に相当します。

4.十全大補湯の関連方剤(1)・・・地黄を含む人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ)

 人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ)には、十全大補湯を構成する10生薬中の9生薬が含まれています(図4)。基本生薬の人参(ニンジン)と熟地黄(ジュクジオウ)も含まれています。

 両方剤の適応症状はともに疲労倦怠感や胃腸虚弱です。

 人参養栄湯は、乾いたせき(咳、咳嗽)や呼吸困難に適した十全大補湯の関連方剤といえます。さらに不安や不眠、もの忘れを軽減するためにも用いられます。配合生薬の五味子(ゴミシ)、遠志(オンジ)、陳皮(チンピ)が関与していると考えられます。

 十全大補湯人参養栄湯に関しては、疲労感の漢方(3.栄養不足と疲労)で解説しています。

 人参養栄湯は、喘息の寛解期の体調維持にも適します。喘息の漢方(3.寛解期)を参照して下さい。

5.十全大補湯の関連方剤(2)・・・地黄を含まない補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は、十全大補湯とともに人参(ニンジン)と黄耆(オウギ)を含む代表的な補剤です。両方剤ともに、胃腸虚弱で疲れやすく、元気がない状態に用いられます。

 補中益気湯は、かぜや気管支炎などの炎症性疾患が長引いた時期の回復促進や、手足のだるさや胃下垂などの筋肉の緊張が低下した病態に適します。筋肉の緊張低下に対しては柴胡(サイコ)と升麻(ショウマ)と黄耆(オウギ)による効果だと考えられています。

 十全大補湯は、図5に示すように補血剤四物湯(シモツトウ)を含むので、顔色の悪さや皮膚の乾燥傾向や貧血傾向がある虚弱状態に適します。

 補中益気湯に関しては、疲労感の漢方(2.胃腸虚弱と疲労)や、熱中症と夏ばて(2.夏ばて)COPDの漢方不妊(2.男性不妊)を参照して下さい

~ちょっと一言:十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)の応用

 十全大補湯は、消化吸収機能を調えて体力の消耗を改善する方剤です。慢性疾患、産後、過労、夏ばて、虚弱児や高齢者の生理機能が衰え、全身の疲労倦怠感のある状態に用いられています。

 医療用の十全大補湯製剤は、慢性疾患で長期に療養している人や、外科手術や放射線治療、抗がん剤治療を受けている人の体力回復、消化機能・造血機能・免疫機能を回復させる目的で使用されています。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「四逆散(シギャクサン)」

症状と漢方薬

(あ行)
足腰の衰え(虚弱)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
過換気症候群(過呼吸)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
軽度認知障碍
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障碍
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
脳梗塞と脳出血
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障碍
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
めまい(婦人更年期障碍)
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
やせと栄養失調
腰痛(男性更年期障碍)
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP