漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

過換気症候群の漢方

(1)初期治療
(2)緩解期治療


1.過換気症候群(過呼吸)

 過換気症候群(過呼吸)は、突然に空気がうまく吸い込めない呼吸困難になる病態です。息苦しさに加えて動悸、めまい、頭痛、手足のしびれなども伴います(図1)。

 現代科学医療では、まず呼吸困難の原因となる器質的疾患を探します。特定の疾患が見当たらず、心理的要因(ストレス)の関与が大きいと判断されれば自律神経失調症の範囲と判断されます。呼吸調整の指導と対症療法に続いて緩解期の心理療法で治療します。

 漢方医療では、この科学医療の診断を踏まえて、1)息苦しさ、動悸、めまいに対する初期の対象療法を行い、2)初期症状が緩解すれば日頃の全身症状に応じて予防的な治療を行います。

 今回は、初期症状に対する方剤を紹介し、次回に予防的に用いられる方剤を解説します。

2.初期治療に用いられる桂皮(ケイヒ)と甘草(カンゾウ)

 過換気症候群初期の空気がうまく吸い込めない感じの時には、まず呼吸を整える処置をしてください。「ちょっと一言」を見てください。

 少し落ち着いて薬が飲めるような状態になれば、息切れ、動悸に対して桂皮(ケイヒ)と甘草(カンゾウ)を含む方剤の適応になります(図2)。

 桂皮甘草を含み配合生薬の少ない方剤は動悸を軽減するときに頻用されてきました。

3.動悸、頭痛、立ちくらみ・・・苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)の関連方剤

3.1) 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)は、めまい、立ちくらみ、頭痛が主な適応症状になりますが、過換気症候群の息切れ、動悸にも適します。
 めまいの漢方(3.頭痛、頭重感)も参照してください。

3.2) 苓桂甘棗湯(リョウケイカンソウトウ)は図3に示したように苓桂朮甘湯と1生薬が違うだけの関連方剤です。神経が高ぶり、下腹部からつき挙げてくるような動悸によって呼吸が止まりそうになる状態に用いられます。

3.3) 奔豚湯(ホントントウ)も下腹部から動悸が胸やのどに衝き上げ、不安感や焦燥感に用いられます。(なお配合生薬の異なる同名の方剤があります)。
 エキス製剤では苓桂朮甘湯呉茱萸湯(ゴシュユトウ)を併用すれば代用できそうな内容です。

4.ヒステリー様の興奮状態・・・甘麦大棗湯(カンバクタイソウトウ)

 甘麦大棗湯(カンバクタイソウトウ)はヒステリー様の興奮状態や不眠、小児の夜泣きやひきつけを軽減するために用いられる方剤です。
 ヒステリー(解離性障碍)は、一時的に感情を制御できなくなり意識が飛んで、興奮、怒り、悲しみををむき出しにする状態です。この時に過換気症候群(過呼吸)の呼吸困難も起きます。

 本方は、食材や天然甘味料(甘草 カンゾウ)などの3生薬からなる薬食同源の方剤です(図4)。

 なお、いわゆるヒステリー様症状で一時的に意識が飛んだ経験のある人は、心療内科などの専門医で受診することを勧めます。

ちょっと一言:(トピックス)

過換気症候群(過呼吸)の発作時の対策

1)落ち着いて、ゆっくりと息を吐く
  焦らず緊張せず、ゆっくり呼吸する。とくにゆっくりと息を吐く。(周囲の人も落ち着いてゆっくり話しかけてください)

2)受診 初めて発作を経験した後は、医療機関で対処法の指導を
  受け、疾患の関与がないかを確認してもらってください。

  なお、紙袋で口と鼻を覆い、その中で呼吸をするペーパーバッグ法(紙袋内再呼吸法)があります。ビニール袋を使用しないでください。密閉性が高く窒息することがあります。

(2019年11月13日公開)

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ

症状と漢方薬

(あ行)
足腰の衰え(虚弱)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
過換気症候群(過呼吸)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
軽度認知障碍
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障碍
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
脳梗塞と脳出血
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障碍
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
めまい(婦人更年期障碍)
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
やせと栄養失調
腰痛(男性更年期障碍)
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP