漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

漢方薬名の意味

(12)四逆散(シギャクサン)

他の漢方薬も見る!

1.四逆散(シギャクサン)の意味

 四逆散四逆四肢逆冷(手足の冷え)の意味です。これは、肝気(カンキ:の機能)が巡らずに四肢が冷える病態です。なお最近の臨床研究によると、本方は四肢の冷えの所見がなくても使用されています。
 肝気は情緒を含めた自律神経系の機能に相当します。漢方独自の考えで、現代医学の肝臓とは異なります。五臓を参照してください。

2.四逆散の適応:いらだち、抑うつ、胃痛、腹痛

 四逆散は、肝気を巡らせて症状を軽減する理気疎肝剤(リキソカンザイ)です。

 ・精神神経症状:いらだち、悶々とした抑うつ情緒不安定と、
 ・消化器症状:胸腹部のつかえ感、膨満感、
胃痛腹痛、食欲不振、胃もたれ、便通異常に用いられています。

 四逆散は単独ではなく他剤と併用して使用されます(図1)。併用する狙いは理気疎肝薬(リキソカンヤク)柴胡(サイコ)を加味することと、疼痛緩和のために方剤中の芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)の薬能を活用することです。

3.四逆散の配合生薬

 四逆散は、理気疎肝薬柴胡を主薬とする4生薬からなります。元は生薬末でしたが、現在は刻み生薬を煎じたエキス製剤を主に使用しています。(図2)。

 柴胡芍薬(シャクヤク)は理気疎肝の基本薬対です。芍薬柔肝(ジュウカン)は肝血虚(カンケッキョ)を補い肝気を巡らせて止痛する薬能です。
 枳実芍薬散(キジツシャクヤクサン)は膨満感に、芍薬甘草湯は筋緊張による痛みに適します。
 本方は気滞脾胃の消化吸収機能を障碍する肝脾不和(カンピフワ)を調整する和解剤(ワカイザイ)です。

4.四逆散の関連方剤

(サイコソカントウ:7味、医学統旨)は、四逆散川芎(センキュウ)青皮(セイヒ)香附子(コウブシ)を加味して理気を強化した方剤です(図3)。

 本方は、四逆散と同様に胃腸症状(胃痛、腹痛、脇腹の痞塞感)や肩こりや五十肩に用いられます。また抑うつ感を伴う月経不順にも適します。理気によって気血(キケツ)の不通を改善して痛みを軽減する方剤です。

 本方はエキス製剤では、四逆散香蘇散(コウソサン)と併用して代用されます。
 頭痛を伴う場合には、川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)を併用すれば、香附子川芎四逆散に加味できます。
 肩こりや五十肩を伴う場合には、二朮湯(ニジュツトウ)を併用すれば、香附子陳皮四逆散に加味できます。

(カミショウヨウサン)は四逆散理気の基本となる柴胡芍薬を含みます(図4)。

 加味逍遙散四逆散は共に抑うついらだちに用いられますが、
 ・加味逍遙散は、瘀血(オケツ)や血虚(ケッキョ)が絡み、主訴が多様で変化する婦人更年期神経症に用いられます。疲労感(4)を参照してください。
 ・四逆散は、胃痛、腹痛、便通異常など消化器症状が主たる適応です。

(ヨクカンサン)は、四逆散の適応症状に怒り神経の昂ぶりめまい痙攣など肝風(カンフウ)症状が加わった病態に適します。

 本方と加味逍遙散は共に柴胡当帰(トウキ)を含む関連方剤です。
・加味逍遙散は、愁訴が多様で変化しやすい病態に頻用されます。女性の場合は月経異常や月経前症候群のように性周期と関連する愁訴に適します。

・抑肝散は、怒り興奮が顕著で性急な人に適します。頭痛、眼瞼痙攣、歯ぎしり、小児の夜泣き、憤怒痙攣、チックなど釣藤鈎(チョウトウコウ:平肝熄風)の適応になる症状が目標になります。抑肝散を参照してください。

(ダイサイコトウ)は、メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)の固太り肥満や生活習慣病(糖尿病・高血圧傾向)伴うのぼせ、頭痛、季肋部の苦満感腹部膨満感便秘に用いられます。肥満(2)を参照してください。

 本方は四逆散甘草以外の理気に関与する3生薬を含みます。清熱薬大黄(ダイオウ)と黄芩(オウゴン)を含むので、四逆散より体力に余裕があり、のぼせの顕著な病証に適します(図5)。

(サイコケイシトウ)は、小柴胡湯(ショウサイコトウ)と桂枝湯(ケイシトウ)の合剤です。桂枝湯を含むので、かぜの初期から亜急性期の頭痛、食欲不振、吐き気、心窩部から季肋部の苦満感に用いられます。かぜ(2)胃腸かぜを参照してください。

 本方は、小柴胡湯桂皮(ケイヒ)芍薬の9生薬です。理気剤の基本となる柴胡芍薬を含む四逆散の関連方剤です。
 かぜ以外では胃痛、腹痛、小児の臍疝痛肩こりに用いられます。さらにストレス疾患の小児のチックや起立性調節障碍(OD)の背景にある虚弱状態を立て直して心身の緊張を和らげる目的で活用されています。チックを参照してください。

ちょっと一言:(トピックス)

(注意)四逆散と四逆湯(シギャクトウ)は異なる方剤

 四逆散四逆湯(シギャクトウ:附子乾姜甘草)は名前が類似しますが配合生薬と用途の異なる方剤です。四逆湯四逆散を煎じた湯剤ではありません。

 四逆散は、柴胡芍薬枳実を主薬とする理気剤です。
 四逆湯は、冷えを温めて体力低下を補う附子(ブシ)と乾姜(カンキョウ)を主薬とする温中散寒剤(オンチュウサンカンザイ)です。混同しないようにしてください。

(2022年10月5日 改訂公開)


症状と漢方薬

(あ行)
RSウイルス
足腰の衰え(虚弱)
アトピー性皮膚炎
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
運動器症候群
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
過換気症候群(過呼吸)
霍乱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
かんしゃく
関節痛(冷え症)
関節リウマチ
感染性胃腸炎
乾燥肌
がん
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
虚労
緊張型頭痛
筋肉減少症
軽度認知障碍
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
骨粗鬆症
子どもがほしい
こむら返り
(さ行)
サルコペニア
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
湿疹
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
主婦湿疹
女性不妊
暑気あたり
自律神経失調症
脂漏性湿疹
尋常性乾癬
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
頭痛(しめつける痛み)
頭痛(低気圧)
頭痛(婦人更年期障碍)
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障碍
男性不妊
蓄膿症
血の道症
チック
痛風
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
低気圧頭痛
天気痛
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
脳梗塞と脳出血
のぼせ感
ノロウイルス下痢
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿異常
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障碍
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
変形性膝関節症
片頭痛
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性疲労症候群
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
めまい(婦人更年期障碍)
(や行)
夜間頻尿
やせと栄養失調
腰痛
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
夜泣き
(ら行)
冷房下痢
ロコモ

TOP