漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.かぜ(感冒様症候群)の漢方治療の概要

かぜの漢方治療では、急性期(ひきはじめ:太陽病 タイヨウビョウ)と亜急性期(こじれた時期:少陽病 ショウヨウビョウ)の症状(病態)の経時変化病期)に応じて方剤を使い分けます。

 かぜ急性期は熱感悪寒(オカン:寒け)に着目して対応します(図1)。
1)熱感(発熱)が強く悪寒が弱く、咽が赤く腫れて痛むかぜと、
2)悪寒に続いて(ほぼ同時に)熱感が発現し節々や筋肉の痛むかぜです。悪寒の強い2)の急性期では発汗のないことが麻黄(マオウ)の適応になります。

 今回は、冬の普通かぜの急性期に用いられる方剤を考えます。薬局でかぜ急性期に頻用されるのは葛根湯(カッコントウ)です。

 市販の解熱薬を主薬にした総合感冒薬は「かぜ急性期の対症療法」として使用されています。
漢方ではかぜ急性期の「悪寒熱感無汗」状態には解熱剤を服用しながら無理して働くのではなく、温かくして安静に過ごすことを養生を推奨しています。初期の養生が、こじれて長引くのを予防します。

2.急性期の「熱いかぜ(熱感>悪寒)」銀翹散(ギンギョウサン)

 銀翹散は、熱感が強く悪寒が弱く咽が赤く腫れて痛むかぜに適します。頭痛、咳、口渴紅色の舌の先端などを伴います。これは中医学の方剤ですが、一般用漢方製剤として市販されています。

 方剤名は金銀花(キンギンカ)と連翹(レンギョウ)に由来します。ともに咽頭痛に用いられる清熱解毒薬です。さらに辛涼解表薬(シンリョウゲヒョウヤク)の牛蒡子(ゴボウシ)や薄荷(ハッカ)を含みます。

3.急性期の「寒けを伴うかぜ(悪寒と熱感)」:桂皮麻黄剤

 かぜ急性期の無汗傾向で悪寒と熱感を同時に感じ、頭痛、節々や筋肉の痛みには桂皮(ケイヒ)や麻黄(マオウ)を含む方剤の適応になります(図2)。温めて発汗を促して無汗状態に伴う症状を軽減する辛温解表剤(シンオンゲヒョウザイ)です。

 急性期の「寒けのかぜ」に用いられる主な辛温解表剤図3に示します。

(マオウトウ)はインフルエンザ様の高熱節々の痛み腰痛および咳嗽に適します。この状態の患者は医院を受診することが多いので、薬局の店頭で本方を使用する機会は少ないようです。
なお医療用の麻黄湯製剤は抗インフルエンザウイルス薬と併用されています。

(カッコントウ)は急性期の悪寒、発熱、頭痛、項背部のこりが目標になります。普段は食欲があり元気な人に適します。

 葛根湯は適応病態を広げるために他剤と組み合わされます(図4)。

 葛根湯桔梗石膏(キキョウセッコウ)や小柴胡湯加桔梗石膏(ショウサイコトウカキキョウセッコウ)を組み合わせると銀翹散の適応病態に近くなります。

(ショウセイリュウトウ)は花粉症と同様の水様性無色鼻水、くしゃみを伴う鼻かぜ、急性鼻炎、水様性無色喀痰を伴う咳嗽に適します。花粉症(1)小青竜湯を参照してください。
本方は吐き気に対する半夏(ハンゲ)を含むことや、細辛(サイシン)乾姜(カンキョウ)など温性薬を多く含む点で麻黄湯葛根湯と相違します。

 この3方剤は悪寒・発熱以外の症状に応じて使い分けられます(図5)。

 麻黄湯はかぜの初期症状(悪寒、発熱、頭痛、咳嗽、節々の痛み)が顕著です。
葛根湯はかぜの初期症状(悪寒、発熱、頭痛、項背部のこり)が顕著です。下痢にも適します。吐き気を伴う時には小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)を併用します。
小青竜湯は鼻かぜ・急性鼻炎、水様性無色喀痰を伴う湿咳と喘鳴と呼吸困難に適します。なお、無汗ではなく発汗のある場合にも用いられます。

4.麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ):顕著な悪寒

 麻黄附子細辛湯の適応(水様性無色鼻水やくしゃみ)は小青竜湯の適応に類似します。顕著な悪寒倦怠感があれば本方の適応です。日頃から寒がりで背部や足腰が冷える人、青白い顔の人に適します。
本方の適応病態で食欲不振や気力低下、だるさを伴う時には桂枝湯(ケイシトウ)を併用します(桂姜棗草黄辛附湯 ケイキョウソウソウオウシンブトウの代用)。

 本方は銀翹散と同様に咽の痛みに適しますが、本方は悪寒冷えを伴い、銀翹散熱感を伴う咽の痛みに用います。寒熱の病態が異なります。

ちょっと一言:(トピックス)

かぜ急性期の「悪寒と発熱」のある時のエキス剤の服用法

図31)桂皮麻黄を含む方剤は身体を温めて発汗を促進し、結果的に熱を下げる薬です。以下に服用法と養生を示します。

温服:エキス製剤を微温湯に溶かして(懸濁させて)服用。
発汗するまで服用:じわっと汗が出るまで汗の出方を診ながら
          数時間かけて連続して服用。
養生:かぜ治療は消化のよい食品を温かくして摂取し、
寝室を保湿保温して早く就眠する。

 なお胃腸症状を伴う夏場の普通かぜには参蘇飲(ジンソイン)が頻用されます。夏かぜ(1)を参照してください。

(2021年12月13日 改訂公開)


症状と漢方薬

(あ行)
RSウイルス
足腰の衰え(虚弱)
アトピー性皮膚炎
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
運動器症候群
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
過換気症候群(過呼吸)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
かんしゃく
関節痛(冷え症)
関節リウマチ
感染性胃腸炎
乾燥肌
がん
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
虚労
緊張型頭痛
筋肉減少症
軽度認知障碍
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
骨粗鬆症
子どもがほしい
(さ行)
サルコペニア
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
湿疹
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
主婦湿疹
女性不妊
暑気あたり
自律神経失調症
脂漏性湿疹
尋常性乾癬
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
頭痛(しめつける痛み)
頭痛(低気圧)
頭痛(婦人更年期障碍)
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障碍
男性不妊
蓄膿症
血の道症
痛風
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
低気圧頭痛
天気痛
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
脳梗塞と脳出血
のぼせ感
ノロウイルス下痢
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿異常
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障碍
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
変形性膝関節症
片頭痛
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性疲労症候群
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
めまい(婦人更年期障碍)
(や行)
夜間頻尿
やせと栄養失調
腰痛
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
夜泣き
(ら行)
冷房下痢
ロコモ

TOP