きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

乾燥肌の漢方


1.乾燥肌・・・ドライスキン、老人性乾皮症

 乾燥肌(ドライスキン)は皮脂分泌の低下した高齢者に多いことから老人性乾皮症ともいわれます。手のひら、すね、太股、前腕の皮膚が乾燥しやすいようです。
 年齢肌や敏感肌は「老いた肌」という刺激的な言葉を和らげるための広告用の表現です。

 乾燥肌は外因と内因が重なって皮膚バリア機能が破綻して始まり搔いて悪化すれば湿疹になります(図1)。

 外因は皮脂を奪う業務や過剰な洗浄などです。肌の手入れ・保湿ケアが大切です。「ちょっと一言」を見てください。
 内因は加齢や栄養不足による皮脂の減少やストレスによる皮下血流の低下などです。

 ここでは炎症病変の乏しい乾燥肌を潤す漢方方剤を解説します。

2.乾燥肌に用いられる基本生薬と方剤

 漢方医学では乾燥肌(乾皮症)の病態を血虚(ケッキョ)や津液不足(シンエキフソク)と考えます。
 この乾燥病態を滋潤(ジジュン)する基本生薬が補血(ホケツ)生津(セイシン)薬の地黄(ジオウ)です(図2)。

 地黄には蒸して調製した熟地黄(ジュクジオウ)と、加熱せずに乾燥させた乾地黄(カンジオウ)があります。両生薬の薬能は少し異なりますが、エキス製剤ではこの両者は区別されていません。(乾地黄が使用されていると思われます)。

 四物湯(シモツトウ)は乾燥肌を滋潤する基本方剤です。主薬は熟地黄です(図3)。

 四物湯は皮膚科領域では温清飲(ウンセイイン)や当帰飲子(トウキインシ)に含まれて使用されます。また十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)や加味逍遙散(カミショウヨウサン)と併用されます。

3.1) 四物湯の関連方剤

1)当帰飲子(トウキインシ)は冷え症傾向の人の炎症(熱感)の乏しい乾燥肌を潤す基本方剤です。

当帰飲子は基礎的には角層水分量を増加させる作用を有することが明らかにされています。

当帰飲子の配合生薬を図4に示しました。

 図4中段右の4生薬が四物湯です。何首鳥(カシュウ)も皮膚の潤いを保つ補血止痒薬(ホケツシヨウヤク)です。上段の3生薬がかゆみの軽減に寄与する袪風薬(キョフウヤク)です。

 本方と同様に冷えて乾く病態に用いられる温経湯(ウンケイトウ)との比較は主婦湿疹(手湿疹)の漢方を参照してください。

3.2) 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)は疲れ易く、顔色不良、貧血傾向などの虚弱状態に用いられます。
 本方は四物湯四君子湯(シクンシトウ)を含む補血補気剤です。
漢方薬名の意味(13.十全大補湯)を参照してください。

 当帰飲子十全大補湯の配合生薬を比較しました(図5)。

 十全大補湯は皮膚症状用の主たる方剤ではありませんが、胃腸虚弱と栄養不足に伴う皮膚の乾燥やかゆみにも用いられます。

ちょっと一言:(トピックス)

乾燥肌の予防

 乾燥肌の予防は風呂上がり後「すぐ」に保湿ケアをすることです。保湿剤は皮脂膜を補う白色ワセリンを主成分とし、水分を保持する尿素やヒアルロン酸で、角質細胞間の脂質を補うセラミドが含まれます。

ビタミンA,C,Eの補給も怠りなく。
 A: 皮膚や粘膜のうるおいを維持・・・緑黄色野菜、魚
 C: コラーゲン生成促進・・・野菜(パプリカ)、果物
 E: 血行を促進・・・ナッツ類、大豆、胡麻。

(2020年12月22日 改訂公開)


症状と漢方薬

(あ行)
足腰の衰え(虚弱)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
過換気症候群(過呼吸)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
がん
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
緊張型頭痛
軽度認知障碍
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
湿疹
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
主婦湿疹
女性不妊
暑気あたり
自律神経失調症
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
頭痛(しめつける痛み)
頭痛(婦人更年期障碍)
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障碍
男性不妊
蓄膿症
血の道症
痛風
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
脳梗塞と脳出血
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障碍
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
片頭痛
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
めまい(婦人更年期障碍)
(や行)
夜間頻尿
やせと栄養失調
腰痛(男性更年期障碍)
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
夜泣き
(ら行)
冷房下痢

TOP