漢方を知る

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.かぜ後の長引く咳嗽(かぜ症候群後遷延性咳嗽)の概要

 咳嗽は、声があって喀痰のないと、喀痰のある咳を意味するを合わせた言葉です。喘鳴(ゼンメイ)は、呼吸困難で息苦しくあえぐと、ゼーゼーという呼吸音のを合わせた言葉です。

 かぜの咳嗽の経過に応じた主な生薬の配合群の概要を図1に示しました。

 今回は、かぜ後の長引く咳嗽(少陽病 ショウヨウビョウ)に用いられる柴胡(サイコ)配合剤と麦門冬(バクモンドウ)配合剤を解説します。
 かぜ急性期に用いられる方剤はかぜ(1)を参照してください。

 かぜ後の長引く咳嗽の漢方治療では、以下の症状や病態に注目します。

1)初期症状の残存 初期症状(悪寒、発熱、頭痛、筋肉痛など)の程度。
2)湿咳乾咳か  喀痰を伴う湿性咳嗽か、喀痰の少ない乾性咳嗽か。
3)喀痰の色、性状  無色水様性の湿痰寒痰か、有色粘稠性の燥痰熱痰か。
4)体力の余力の程度(虚実)や全身の熱感や冷え(寒熱

2.柴胡(サイコ)を含む方剤

(シンピトウ)は、痰の少ない乾性咳嗽呼吸困難喘鳴に適します。
 本方は麻黄(マオウ)杏仁(キョウニン)と柴胡(サイコ)を含み太陽病少陽病の移行期に用いられる方剤です。長引く咳嗽に麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)と小柴胡湯(ショウサイコトウ)が併用されてきた経験を踏まえています。

 本方には理気薬蘇葉(ソヨウ)や厚朴(コウボク)を含み抑うつ感を軽減する半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)の方意もあります(図2)。

(サイボクトウ)は、比較的痰の多い湿性咳嗽に用いられます。気分がふさぐ不安咽喉異物感を伴う時に適します。
 本方は少陽病期和解剤(ワカイザイ)の小柴胡湯理気化痰剤(リキケタンザイ)の半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)の合剤です。
 本方は喘息慢性期の発作予防に頻用されます。喘息(3)を参照してください。

(サイカントウ)は、黄色の熱痰伴い胸が痛くなる強い湿性咳嗽に用いられます。心窩部のつかえ感口苦感も伴います。
 本方は小柴胡湯清熱薬黄連(オウレン)と清熱化痰止咳薬栝楼仁(カロニン)を加味した方剤です。この3方剤の中では熱証傾向の病証に用いられます。

3.麦門冬(バクモンドウ)を含む方剤

(チクジョウンタントウ)は、かぜの微熱が残り、粘稠痰を伴う長引く湿性咳嗽に用いられます。気分がさっぱりせず抑うつ感胸苦しさ怯え不眠を伴う病証に適します。夜間の咳嗽で安眠を障碍されることが多いので、就眠前に服用するとよいでしょう。竹筎温胆湯を参照してください。
 本方は
 ・小柴胡湯(7味)の柴胡半夏(ハンゲ)と人参(ニンジン)など5生薬、
 ・補気化痰剤(ホキケタンザイ)の六君子湯(リックンシトウ 8味)の6生薬、
 ・理気薬(リキヤク)の香附子(コウブシ)を含みます。この点が清肺湯と異なります。

(セイハイトウ)は着色した多量の粘稠痰を伴う湿性咳嗽に用いられる第一選択薬です。のどの痛みを伴うこともあります。
 本方は竹筎(チクジョ)桑白皮(ソウハクヒ)麦門冬(バクモンドウ)杏仁(キョウニン)など咳嗽治療に用いられる各種の生薬を含みます。清肺湯を参照してください。

清肺湯の基礎研究: 清肺湯は喀痰の粘稠度を下げる作用がある。
(これは粘液溶解薬粘膜潤滑薬に相当する作用)


(バクモンドウトウ)は少量の燥痰を伴う乾性咳嗽の第一選択薬です。

 本方は咳き込みのど口腔乾燥に使用されます。
 咳き込みは化痰降逆薬半夏の適応となる肺気逆(ハイキギャク)病態です。
 のどや口腔の乾燥病態(津液不足 シンエキフソク)は麦門冬人参粳米(コウベイ 玄米)の適応病態です(図3)。

 本方は慢性閉塞性肺疾患の咳嗽に用いられています。COPDを参照してください。

麦門冬湯は、かぜ感染後3週間以上続く咳嗽を対照群より軽減。
 麦門冬湯β2刺激薬の併用群服用4-5日後の易感染性の頻度と強度の改善効果はβ2刺激薬単独投与群より有意に優れている(ランダム化比較試験)。
麦門冬湯の基礎研究: 麦門冬湯は気管炎症時に亢進した刺激感受性を抑制する末梢性の鎮咳作用がある。

 麦門冬を配合する3方剤の使い分けをまとめます(図4)。

4.その他の方剤(補益剤

(ニンジンヨウエイトウ)は、図1補益剤(ホエキザイ)です。かぜが長引き顔色不良と抑うつ感、不安を伴う虚弱状態を調整する方剤です。少量の喀痰を伴う乾性咳嗽に適します。
 本方は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)が長引き体力が低下した虚弱を改善し、回復力を維持する目的で用いられます。COPDを参照してください。

 体力虚弱者の長引く咳嗽(虚労 キョロウ の咳嗽)に用いられる補益剤は、別の機会に解説します。

ちょっと一言:(トピックス)

かぜ後の長引く咳は、少陽病(ショウヨウビョウ)

 かぜ(感冒)が長引いて口が苦く粘り吐き気食欲不振が顕著になれば少陽病に移行したと考えます。少陽病は、かぜ(2)を参照してください。
 少陽病期の咳嗽には柴胡を含む方剤の適応になります。喀痰の性状(乾燥性の燥痰)や喉頭の乾燥感に応じて麦門冬(バクモンドウ)を含む方剤も用いられます。

 かぜ後の長引く咳の漢方相談では、かぜ引き後の日数、喀痰の性状、夜間咳などを話してください。

(2022年1月12日 改訂公開)


症状と漢方薬

(あ行)
RSウイルス
足腰の衰え(虚弱)
アトピー性皮膚炎
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
運動器症候群
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
過換気症候群(過呼吸)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
かんしゃく
関節痛(冷え症)
関節リウマチ
乾燥肌
がん
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
緊張型頭痛
筋肉減少症
軽度認知障碍
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
骨粗鬆症
子どもがほしい
(さ行)
サルコペニア
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
湿疹
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
主婦湿疹
女性不妊
暑気あたり
自律神経失調症
脂漏性湿疹
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
頭痛(しめつける痛み)
頭痛(婦人更年期障碍)
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障碍
男性不妊
蓄膿症
血の道症
痛風
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
脳梗塞と脳出血
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障碍
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
変形性膝関節症
片頭痛
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性疲労症候群
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
めまい(婦人更年期障碍)
(や行)
夜間頻尿
やせと栄養失調
腰痛
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
夜泣き
(ら行)
冷房下痢
ロコモ

TOP