きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

漢方医療とは

1.疾患と病いの薬物治療の論理

 薬物治療では、診察と病態診断を経て治療薬物が論理的に選ばれます。
 ・現代科学医療検査疾患(disease)を解析し薬理で化学薬品を選びます。
 ・漢方医療は患者さんとの対話で病い・違和感(ill feeling)を感得し(ショウ:    漢方医学の病態)を判断し薬能(ヤクノウ)で生薬や方剤を選びます。
 現代科学医療の病名診断と実験科学の薬理が、漢方医学のと経験的効能論の薬能に相当します(図1)。


2.漢方医学の診断(ショウ)

 は、患者の病態(個性や症状)を漢方医学の基本概念で整理して「その人」の「その時点」に適切な生薬や方剤を決める診断です。
 診断には図2のような項目を踏まえて判断されます。ここでは1、2、5)の項目に関して解説します。


3.診断項目1)どのような人:体力の虚証実証

 図2には虚実という言葉が項目1)5)で使われています。図3虚実寒熱のイメージを示しました。
 ここでは項目1)体力の虚実を概説します。

 体力の虚証(キョショウ)は胃腸虚弱傾向で疲れやすく、少食で食べるのが遅く、夏ばてしやすい傾向から判断します。補剤(ホザイ)の適応病態です。
  体力の実証(ジツショウ)は胃腸に大きな障碍がなく食欲旺盛「早食い」の傾向で、一食抜いても頑張れる状態です。瀉剤(シャザイ)の適応病態です。
  虚実中間証虚証実証の中間病態です。日本漢方独自の虚実の考えです。


 図3Aさんは当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、Bさんは防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)、Cさんは桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)の適応病態イメージです。

(参考) 漢方製剤の【効能又は効果】に記載された体力の虚実

Aさん・当帰芍薬散体力虚弱で、・・・    ⇒虚証(キョショウ)
Bさん・防已黄耆湯体力中等度以下で、・・・ ⇒虚実中間証(キョジツチュウカンショウ)
Cさん・桂枝茯苓丸比較的体力があり、・・・ ⇒実証(ジツショウ)

この 【効能又は効果】に記載された体力は体力の虚実の目安を示しています。

 BさんはCさんと同様の外見ですが、疲れやすく汗が多く筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり傾向です。このことからのBさんは固太りCさんより虚証傾向と判断します。
 これが図2に示した診断項目1)の「どのような人」の目安になります。

 なお、体力の虚実は外見の体格や体重だけで判断するのではなく、漢方医学の病理病態も重要な判断材料になります。体調ですから経時変化します

4.診断項目2)どのような症状:寒証(カンショウ)と熱証(ネツショウ)

 図22)どのような症状、を判断する基準が寒証(≒陰証と熱証(≒陽証)です。これは体温計の温度ではなく、冷え、冷感(畏寒)と熱感、のぼせを踏まえた病態分類です。
 寒証温剤散寒剤 サンカンザイ)、熱証清熱剤(セイネツザイ)の適応病態です。 

 Aさんの冷え症は温めると軽快する寒証です。顔色が青白い、透明の尿が多い、寒さや冷房を好まない、冬に不調、温かい飲食を好むことが寒証の目安になります。
婦人更年期障碍(2)を参照してください。

 Cさんの顔面紅潮、のぼせ、いらだちは熱証です。婦人更年期障碍(4)を参照してください。

 なお、寒証熱証は「冷えのぼせ」のように併発(寒熱夾雑)します。 

5.診断項目5):病理の虚証実証

 ここでは図2の項目5)病理の虚実を概説します。病理の虚実気血水で概説しています。虚証補剤実証瀉剤の適応病態です。
 図3のイラストの適応となる3方剤の適応症状と気血水津液)論の病理をまとめました(図4)。


 図4を見れば当帰芍薬散防已黄耆湯の適応病態は気虚水滞、すなわち病理の虚証と実証が夾雑していることがわかります。
 とくに肥満の病態は病理の実証が主体ですが、防已黄耆湯の適応病態となる水太りには病理の虚証も関与していることに注目してください。

 今回解説してきたように、漢方医療では1)どのような人の、2)どのような症状、5)病理は何かを診断して適切な治療方針や治療薬を選ぶ経験医療です。

 この「病気の悩みを漢方で」の連載では、このような論理や基礎知識を各種の疾病を例にして解説していきます。
 各解説を繰り返し読むことで徐々に理解を深めてください。

ちょっと一言:(トピックス)

漢方医療と民間療法

 図1図3に示したように漢方医療には現代科学医療と同じように、診断から薬物を選ぶ「論理(症状⇒病態診断⇒治療薬の選択)」があります。この論理が有効性と安全性を支えています。

 一方、民間療法はこの薬物治療の論理が十分ではありません。これが漢方医療と民間療法との相違点です。

(2021年7月27日 改訂公開)


症状と漢方薬

(あ行)
RSウイルス
足腰の衰え(虚弱)
アトピー性皮膚炎
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
運動器症候群
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
過換気症候群(過呼吸)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
かんしゃく
関節痛(冷え症)
関節リウマチ
乾燥肌
がん
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
緊張型頭痛
筋肉減少症
軽度認知障碍
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
骨粗鬆症
子どもがほしい
(さ行)
サルコペニア
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
湿疹
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
主婦湿疹
女性不妊
暑気あたり
自律神経失調症
脂漏性湿疹
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
頭痛(しめつける痛み)
頭痛(婦人更年期障碍)
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障碍
男性不妊
蓄膿症
血の道症
痛風
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
脳梗塞と脳出血
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障碍
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
変形性膝関節症
片頭痛
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性疲労症候群
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
めまい(婦人更年期障碍)
(や行)
夜間頻尿
やせと栄養失調
腰痛
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
夜泣き
(ら行)
冷房下痢
ロコモ

TOP