きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.アルツハイマー型認知症(AD)の概要

 認知症には、血管性認知症神経変性性認知症があります。認知症(1)を参照してください。
 アルツハイマー型認知症(AD)は神経変性性認知症です。アミロイドベータ()やタウたんぱく質の蓄積によって脳の神経細胞が変性する疾患です。この蓄積は認知症の診断が確定する15~20年前からはじまっています(図1)。

2.ADの症状と治療薬の現状

 認知症には、中核症状行動・心理症状BPSD:周辺症状)があります。
 中核症状は脳の認知機能障碍による症状です。行動・心理症状BPSD)は、認知症の経過中に見られる個別性の高い多様な症状群です(図2)。

 現在、認知症の症状を一次的に軽減する治療薬が4種類あります。

1)コリンエステラ-ゼ(ChE)阻害薬(ドネペジルなど3種類)
   脳内のアセチルコリンの減少を補い神経伝達を促進する薬
2)N-メチル-D-アスパラギン酸(NMDA)受容体拮抗薬(メマンチン)
   受容体の過剰な活性化を防ぎ、神経細胞障碍を抑える薬

 さらに2021年にはADの発症に関わる脳内に蓄積したアミロイドベータを除去する新たな抗体医薬が開発されました。今後の臨床研究が期待されています。

3.認知症の行動・心理症状(BPSD)軽減

 認知症の中核症状を完治させることは現状では困難です。BPSDは患者と家族や介護者との人間関係を良好に維持する非薬物療法が主体です。

 漢方製剤は、非薬物療法を補助する薬物として活用されています。その際、漢方製剤は、興奮傾向抑うつ傾向を目安にして使い分けます(図3)。

 図3は、症状の寒熱病理の虚実を判断して方剤を使い分ける考え方です。

興奮傾向のBPSDには心火上炎(シンカジョウエン)の漢方病理が関係します。
 心火上炎は、ストレスによって熱邪が燃え上がり、動悸、不眠、のぼせ、ほてり、いらだち、口渴を呈する実熱(ジツネツ)病態です。
 黄連(オウレン 清心瀉火)や山梔子(サンシシ 瀉火除煩図4)を主薬とする黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)の適応になります。

興奮傾向のBPSDには肝陽上亢(カンヨウジョウコウ)も関係します。
 肝陽上亢は、肝血虚によって肝陽が上昇し、頭痛、いらだち、怒り、眼の充血を呈する虚熱(キョネツ)病態です。
 釣藤鈎(チョウトウコウ:平肝熄風図5)を主薬にする釣藤散(チョウトウサン)や抑肝散(ヨクカンサン)の適応になります。認知症(5)を参照してください。

 これらの方剤の中では、抑肝散の臨床応用が広がっています。本方の興奮や易刺激性を鎮める効果は、休薬後4週間程度持続することが確認されています。なお中核症状には変化が認められていません。

 また、抑肝散は、レビー小体型認知症(DLB)の睡眠中に大きな声で寝言を言うレム睡眠行動障碍や、見えないものが見える幻視を軽減した報告もあります。今後の大規模の臨床研究が待たれます。
 DLBは、ADに次いで多い神経変性性認知症です。

抑うつ傾向で意欲が低下するBPSDには、人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ)や帰脾湯(キヒトウ)などが適します。
 これらは気血両虚(キケツリョウキョ)と心神不安(シンシンフアン)を調整する補益剤です。認知症(6)を参照してください。

 なお現代科学医療の治療薬も、図3に示したように、
1)興奮傾向のBPSDには、神経の過剰興奮を抑制するNMDA受容体拮抗薬が、
2)抑うつ傾向のBPSDには、神経機能低下を活性化するChE阻害薬が使い分けられています。

4.認知症の予防方策

 高齢の認知症の危険因子の一部は、予防的な方策で軽減することが可能です。認知症の予防的介入は生活習慣病やフレイル(虚弱)の予防方策と重複します。
フレイルに関しては、フレイル(1)を参照してください。

 認知症の予防方策では知的活動社会的交流を増やすことが重要です(図6)。

ちょっと一言:(トピックス)

認知症患者への対応法

ゆっくり簡潔に穏やかに話しかける。
  長い文章を早口で話すと患者の理解が追いつきません。
時間の見当識(今日は何日か、今は何時か)」をそれとなく確認する。
  祝日にはカレンダーを見ながら「今日は春分の日」ですよ、と声かけ。
  (「暑さ寒さも彼岸まで」と会話がはずむ)
物の置き場を決めて張り紙で確認
  「リモコンはテレビの下」、「鍵は電話の横」
DVDや録画で昔のテレビ番組を一緒に見て思い出を語る
  懐かしい歌や俳優の名前などで話題がふくらむ。

(2022年9月13日 改訂公開)


症状と漢方薬

(あ行)
RSウイルス
足腰の衰え(虚弱)
アトピー性皮膚炎
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
運動器症候群
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
過換気症候群(過呼吸)
霍乱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
かんしゃく
関節痛(冷え症)
関節リウマチ
感染性胃腸炎
乾燥肌
がん
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
虚労
緊張型頭痛
筋肉減少症
軽度認知障碍
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
骨粗鬆症
子どもがほしい
こむら返り
(さ行)
サルコペニア
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
湿疹
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
主婦湿疹
女性不妊
暑気あたり
自律神経失調症
脂漏性湿疹
尋常性乾癬
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
頭痛(しめつける痛み)
頭痛(低気圧)
頭痛(婦人更年期障碍)
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障碍
男性不妊
蓄膿症
血の道症
痛風
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
低気圧頭痛
天気痛
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
脳梗塞と脳出血
のぼせ感
ノロウイルス下痢
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿異常
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障碍
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
変形性膝関節症
片頭痛
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性疲労症候群
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
めまい(婦人更年期障碍)
(や行)
夜間頻尿
やせと栄養失調
腰痛
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
夜泣き
(ら行)
冷房下痢
ロコモ

TOP