きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.認知症の行動・心理症状(BPSD)

 認知症(日常・社会生活に支障を及ぼす脳の認知機能障碍)に伴う症状には、
 ・中核症状(記憶障碍、理解力や判断力の低下、実行機能障碍など)と、
 ・行動・心理症状BPSD)があります。認知症(1)も参照してください。

 BPSDは、患者の自らへの怒り、不安に加えて、患者と周辺の人へ人間関係によるストレスで生じます。患者の気質や生活環境の影響を受けるため個人差があります。BPSDの対処は認知症の治療と介護において重要です。

 BPSDを軽減することが漢方製剤の認知症治療における主な適応領域です。その時BPSDを、1)暴行、暴言、怒りなどの興奮症状と、2)不安、意欲低下、無関心、閉じこもりなどの抑うつ症状に分けて方剤を使い分けます(図1)。

 今回は、興奮症状BPSDに用いられる方剤群を解説します。「認知症には抑肝散」と1方剤だけに限定するのではなく、症状(病態)に応じて適切な方剤を使い分けを考える練習です。
 抑うつ症状のBPSDに対する方剤は次回に解説します。

2.黄連(オウレン:清心瀉火)を含む降気剤(コウキザイ)

 (オウレンゲドクトウ)は、いらだちのぼせ顔面紅潮焦り逆上感(を伴うBPSDに適します。
 本方は心火上炎 (シンカジョウエン、気逆)を4種の清熱薬で鎮める降気剤です(図2)。
自律神経失調症(3)を参照してください。
 本方は、高血圧傾向の脳血管性認知症患者の興奮を鎮めた報告があります。


(医療用)黄連解毒湯は、脳血管性認知症患者の易怒性不機嫌錯乱落ち着きのなさ多弁を軽減。

 黄連解毒湯と同様の興奮、のぼせに加えて便秘を伴う時に適した大黄(ダイオウ)を含む三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)が適します。

 両方剤は、赤字で表示する清熱薬のみからなります。冷え症傾向の高齢者へは、のぼせ、いらだちなど熱証の認められる時に(短期間)使用します。

3.釣藤鈎(チョウトウコウ:平肝熄風)を含む熄風剤(ソクフウザイ)

(ヨクカンサン)は、神経の昂ぶり興奮怒りいらだち、焦燥感、不眠に用いられる方剤です。下線の症状は肝陽上亢(カンヨウジョウコウ:肝風 カンフウ)です。
 本方は、これを鎮める熄風薬(ソクフウヤク)の釣藤鈎に加えて理気薬柴胡(サイコ)と川芎(センキュウ)を含みます(図3)。不眠(2)を参照してください。

 医療用の抑肝散製剤は、抑うつ傾向が背景にあり神経の昂ぶり怒りいらだち不眠を伴う興奮症状BPSDに用いられています。抑肝散を参照してください。

(医療用)抑肝散製剤のエビデンス(ランダム化比較試験)
 ・アルツハイマー型を含む混合型認知症患者の幻覚興奮攻撃性焦燥感異常行動を対照群より有意に改善。
 ・抑肝散製剤とドネペジル併用群はアルツハイマー型認知症患者の妄想興奮攻撃性焦燥感を改善。ドネペジル単独群は無関心を改善。

(ヨクカンサンカチンピハンゲ)もアルツハイマー型認知症患者認知症の、攻撃性妄想行動や日内リズム障碍不安を軽減した報告があります。
 本方は抑肝散の適応病態に吐き気腹部膨満感痰飲)が加わった病態に使用されます。

(チョウトウサン)は、頭痛のぼせめまい肝陽上亢)に用いられる熄風剤です。抑肝散より胃腸症状のある人にも適する生薬を含んでいます。

 本方は眼球結膜の充血、耳鳴り、不眠を伴う高血圧傾向、気むずかしく、感情の起伏が大きいかんしゃく傾向の中高年の人に適します。高血圧傾向の軽度認知障碍(MCI)にも使用されます。認知症(4)を参照してください。

 医療用の釣藤散製剤の老年症候群への応用例を下記に示します。

(医療用)釣藤散製剤のエビデンス(多施設二重盲検ランダム化比較試験)
 ・脳血管性認知症患者の日常生活活動度(ADL)の改善、夜間せん妄幻覚妄想会話の自発性表情の乏しさを対照群より有意に改善。
 ・アルツハイマー型と脳血障碍を併発した認知症患者のADLを改善

 釣藤鈎(チョウトウコウ)は、抑肝散釣藤散に共通して含まれる熄風薬です。釣藤鈎の認知症に関連する薬理作用が報告されています(図4)。

4.安神剤(アンシンザイ)

 安神剤は、不安興奮煩躁いらだち焦燥)、動悸驚きやすい不眠などの心神不安(シンシンフアン)を軽減する方剤です。理気降気(コウキ)に相当します。

(サイコカリュウコツボレイトウ)は、いらだち気逆 キギャク)と抑うつ感気滞 キタイ)、不安動悸不眠心神不安 シンシンフアン)に使用される理気安神剤(リキアンシンザイ)です。
 物音に驚きやすい神経質で几帳面、気苦労傾向の人の興奮症状(いらだち)と抑うつ症状(不安)の併存するBPSDに適します。不眠(3)も参照してください。


(カンバクタイソウトウ)は、気分の落ち込み不安いらだち興奮などに用いられます。神経過敏の異常状態が突発的に発現します。生あくびを伴うことが目標です。

 いらだち、興奮傾向のBPSDには本方を頓服的に用いて抑肝散と併用されることもあります。

 本方は補気補血薬安神薬から構成されています(図5)。甘い生薬を含むので小児の夜泣きや不眠にも適します。夜泣きを参照してください。

ちょっと一言:(トピックス)

認知症BPSDを伴う患者への対処

BPSDの誘因には、患者自身不安他者へのいらだちが絡んでいます。
・患者自身への悲哀、不安(今までのようにできない、情けない)、焦り。
・他者への不満、いらだち(伝わらない、馬鹿にされた)。

 認知症患者さんへの応対に際しては、子供扱いや高圧的な言葉や態度をとって自尊心を傷つけないようにしましょう。

(2022年8月22日 改訂公開)


症状と漢方薬

(あ行)
RSウイルス
足腰の衰え(虚弱)
アトピー性皮膚炎
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
運動器症候群
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
過換気症候群(過呼吸)
霍乱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
かんしゃく
関節痛(冷え症)
関節リウマチ
感染性胃腸炎
乾燥肌
がん
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
虚労
起立性調節障碍
緊張型頭痛
筋肉減少症
軽度認知障碍
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
五十肩
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
骨粗鬆症
子どもがほしい
こむら返り
コロナ後遺症
(さ行)
サルコペニア
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
湿疹
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
主婦湿疹
女性不妊
暑気あたり
自律神経失調症
脂漏性湿疹
尋常性乾癬
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
頭痛(しめつける痛み)
頭痛(低気圧)
頭痛(婦人更年期障碍)
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障碍
男性不妊
蓄膿症
血の道症
チック
痛風
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
低気圧頭痛
天気痛
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
夏やせ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
脳梗塞と脳出血
のぼせ感
ノロウイルス下痢
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿異常
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労感
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障碍
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
変形性膝関節症
片頭痛
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性疲労症候群
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
めまい(婦人更年期障碍)
(や行)
夜間頻尿
やせと栄養失調
腰痛
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
夜泣き
(ら行)
冷房下痢
ロコモ

TOP