きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

不眠の漢方

1.不眠の治療概要

 不眠は、睡眠不足状態が続き、日中に倦怠感、意欲低下、集中力低下などの不調があって生活する上で支障のある病態です。
 不眠(睡眠障碍)は多様な原因で発現します(図1)。

 漢方製剤の適応となるのは、疾患病変が軽微な不定愁訴としての不眠です。なお睡眠の満足度は個人差がありますので睡眠時間に拘りすぎて不安にならないように気をつけてください。ちょっと一言を参照してください。

 漢方製剤を約1ヶ月服用して不眠が軽減されない時や、日中の眠気で仕事に支障がある場合は、医療機関を受診してください。受診する時には、
 1)不眠の形態を話してください。睡眠薬を選択する指針になります。
 2)服用中の薬を持参してください。不眠を誘発する薬の有無を確認します。

 不眠の形態には、寝付きの悪い入眠障碍、夜中に目が覚める中途覚醒、目覚めた時に熟眠感の乏しい熟眠障碍、朝早く目が覚める早朝覚醒などがあります。

 漢方製剤には西洋の睡眠薬のように入眠障碍にすぐに効く作用は期待できませんが、睡眠薬の節減を目指して併用されることもあります。

2.不眠に用いられる主な生薬

 漢方製剤の選択に際しては不眠の形態も参考にしますが、基本は不眠に随伴する症状群を漢方医学的に整理して方剤を使用します。

 ここでは、図1に示したいらだち気逆 キギャク)、抑うつ気滞 キタイ)、不安心神不安(シンシンフアン)、倦怠感虚労 キョロウ)に着目して不眠に用いられる主な生薬を解説します。

3.いらだち(気逆

 いらだち、焦燥感、興奮によって寝付かれない気逆心火上炎 シンカジョウエン)には黄連(オウレン)や山梔子(サンシシ)の適応になります。(図2)。

 黄連清心瀉火)と山梔子瀉火除煩)は、いらだち、顔面紅潮、焦りを伴う不眠に用いられる黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)の主要生薬です。
 黄連は、三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ:便秘)や竹筎温胆湯(チクジョウンタントウ:夜間咳嗽)にも含まれています。

 山梔子は、加味帰脾湯(カミキヒトウ:心身の疲れ)や加味逍遙散(カミショウヨウサン:多様な不定愁訴)にも配合され不眠の軽減に寄与しています。

4.抑うつ(気滞)

 抑うつ、いらだち、膨満感、閉塞感、ため息を伴う気滞肝気鬱結 カンキウッケツ)による不眠には柴胡(サイコ)の適応になります(図3)。

 柴胡は、気滞(抑うつ、いらだち、ため息、閉塞感、膨満感)を改善する理気疎肝薬(リキソカンヤク)です。
 柴胡は以下の方剤に配合されて不眠に用いられています。

黄連を含む竹筎温胆湯(チクジョウンタントウ:夜間咳嗽)、
 ・山梔子を含む加味逍遙散(カミショウヨウサン:多愁訴)、
 ・釣藤鈎(チョウトウコウ)を含む抑肝散(ヨクカンサン:神経の高ぶり)
 ・安神薬(アンシンヤク)を含む柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
   柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)加味帰脾湯(カミキヒトウ)

5.不安、物音に驚きやすい(心神不安 シンシンフアン)

 心神不安は、気虚血虚痰飲(タンイン)が錯雑して不安不眠動悸焦り意欲低下煩驚(物音に敏感で驚きやすい)を伴う病態です。疲労感(1)(3)も参照してください。
 心神不安による不眠には安神薬(アンシンヤク)の竜骨(リュウコツ)と牡蛎(ボレイ)が用いられます(図4)。

 図4安神薬柴胡加竜骨牡蛎湯桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)に配合生薬されて不眠に用いられます。柴胡桂枝乾姜湯牡蛎のみを含みます。

6.不安と心身の疲労(気虚血虚

 疲労倦怠感を伴う心神不安の不眠には遠志(オンジ)酸棗仁(サンソウニン)や竜眼肉(リュウガンニク)などの安神薬を含む補益剤の適応になります(図5)。

 これらは酸棗仁湯(サンソウニントウ)帰脾湯(キヒトウ)人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ)に配合されて不眠に用いられます。

 今回記載した方剤は次回以降に解説します。

ちょっと一言:(トピックス)

睡眠衛生(睡眠と不眠に関する知識)

 睡眠衛生は、睡眠の質や量を向上させる方法を考えることです。
1)「●時間眠るべきである!」と決めつけないでください。
 日中に眠気を感じずに日常生活に困らなければOKと「ゆったり」考えましょう。睡眠の量や質に対する満足感は個人差があります。

2)早寝より定時に早起き朝日を浴びる朝食を摂る
 概日リズム(体内時計)を整える方策です。そのため、休日に「寝だめ」と称して2時間以上遅く起きることは控えましょう。

(2022年6月17日 改訂公開)

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ

症状と漢方薬

(あ行)
RSウイルス
足腰の衰え(虚弱)
アトピー性皮膚炎
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
運動器症候群
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
過換気症候群(過呼吸)
霍乱
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
かんしゃく
関節痛(冷え症)
関節リウマチ
感染性胃腸炎
乾燥肌
がん
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
虚労
緊張型頭痛
筋肉減少症
軽度認知障碍
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
骨粗鬆症
子どもがほしい
こむら返り
(さ行)
サルコペニア
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
湿疹
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
主婦湿疹
女性不妊
暑気あたり
自律神経失調症
脂漏性湿疹
尋常性乾癬
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
頭痛(しめつける痛み)
頭痛(低気圧)
頭痛(婦人更年期障碍)
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障碍
男性不妊
蓄膿症
血の道症
チック
痛風
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
低気圧頭痛
天気痛
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
脳梗塞と脳出血
のぼせ感
ノロウイルス下痢
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿異常
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障碍
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
変形性膝関節症
片頭痛
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性疲労症候群
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
めまい(婦人更年期障碍)
(や行)
夜間頻尿
やせと栄養失調
腰痛
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
夜泣き
(ら行)
冷房下痢
ロコモ

TOP