きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

疲労感の漢方

(1)基礎知識
(2)方剤の使いわけ

1.胃腸虚弱を伴う慢性疲労症候群に用いられる人参(ニンジン)配合剤

 慢性疲労症候群に用いられる漢方製剤は、疲労感の漢方で解説した処方とほぼ同様です。ここでは、疲労感の漢方の内容を再確認しながら記述します。

 人参(ニンジン)を含む補中益気湯(ホチュウエッキトウ)が慢性疲労症候群に用いられる基本方剤です。胃腸虚弱で、元気がなく、かぜをひきやすく、だるさを伴う疲労感に適します。

 六君子湯(リックンシトウ)は、胃部停滞感や嘔気やむくみを伴う疲労感に適します。これらの方剤に関しては、疲労感の漢方(2.胃腸虚弱)を参照してください。

 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)は、胃腸虚弱状態が続くと栄養不良や貧血傾向で顔色の悪い慢性疲労症候群には適します。疲労感の漢方(3.栄養不足)熱中症と夏ばて(2.夏ばて)を参照してください。

2.気うつ感を伴う慢性疲労症候群に用いられる柴胡(サイコ)配合剤

 気うつ感を伴う疲労感には柴胡(サイコ)を含む方剤を用います。

 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)は、神経過敏で、動悸.息切れ、頭部の発汗、ロの乾きを伴う疲労感に適します。

 加味逍遙散(カミショウヨウサン)は、気うつといらだち、冷えとのぼせなど多様な精神神経症状を伴う疲労感に用います。本方はPMS(月経前症候群)や更年期の神経症状に伴う疲労感に適します。

 加味帰脾湯(カミキヒトウ)は、胃腸虚弱で血色が悪く、心身が疲れ、ストレスからくる精神不安、神経症を伴う慢性疲労症候群に、適します。

 これらの方剤に関しては、疲労感の漢方(4.ストレス)を参照してください。

3.冷えを伴う慢性疲労症候群に用いられる附子(ブシ)配合剤

 新陳代謝が低下して冷える病態を伴う慢性疲労症候群には附子(ブシ)で温めます。

 真武湯(シンブトウ)は、体力虚弱で冷えがあって、下痢、腹痛、めまい、動悸、低血圧傾向の人の疲労倦怠感に適します。

 八味地黄丸(ハチミジオウガン)や牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)は、胃腸症状は少なく、腰や四肢の冷えやしびれ、排尿困難や残尿感、夜間の頻尿を伴う気力減退や疲労感に用います。

 これらの方剤に関しては、疲労感の漢方(6.冷え症)を参照してください。

4.不眠を伴う慢性疲労症候群に用いられる酸棗仁(サンソウニン)配合剤

 不眠(睡眠障害)や不安感を伴う慢性疲労症候群には、酸棗仁(サンソウニン)、竜眼肉(リュウガンニク)、遠志(オンジ)などが用いられます。

 酸棗仁湯(サンソウニントウ)は、心身が疲れているのに眠れず、精神不安を伴う疲労倦怠感に適します。

 帰脾湯(キヒトウ)は、酸棗仁湯と同様の症状ですが、 より疲れやすく、胃腸が弱く、貧血傾向があり、気うつや冷え症を伴う疲労感に用います。

 加味帰脾湯(カミキヒトウ)は、帰脾湯柴胡(サイコ)と山梔子(サンシシ)の加味された方剤で、のぼせ、いらだちもある場合に適します。

 酸棗仁湯は、疲労感の漢方(5.寝不足)や、不眠(1.眠れない)でも解説しています。

 帰脾湯に関しては、疲労感の漢方(3.栄養不足)血の道症(7.産後の不調)漢方薬名の意味(4.帰脾湯)も参照してください。

 加味帰脾湯に関しては、疲労感の漢方(4.ストレスと疲労感)も参考にしてください。

5.ウイルス感染を疑わせる慢性疲労症候群に用いられる和解(ワカイ)剤

 インフルエンザなどウイルスの感染後に気分の落ち込みや疲労感が持続することがあります。ウイルスに対する免疫反応によって誘発される一連の反応です。慢性疲労症候群にもこのような病態が認められています。

 これは漢方医学の少陽病期(ショウヨウビョウキ)の症状に類似しますので、臓腑の不調和を調整する和解剤(ワカイザイ、ワゲザイ)の適応になります。

 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)は、かぜの亜急性期以降の食欲不振、はきけ、微熱、頭痛などに用いられてきました。このような症状のある疲労感に適します。本方は、
 ・胃腸虚弱を伴う疲労倦怠感の項目で説明した補中益気湯(ホチュウエッキトウ)や、
 ・気うつ感を伴う疲労倦怠感の項目で説明した柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)
に関連する方剤です(図5)。

~ちょっと一言:慢性疲労症候群の自己管理

 ここでは、慢性疲労症候群(CFS:Chronic Fatigue Syndrome)を漢方医学の病理病態に分類して、漢方方剤を選ぶ考え方を整理しました。

 今回紹介したように漢方相談では、全身症状から漢方の病理を考えて方剤を選択します。相談に際しては疲労倦怠感以外の症状を詳しく話して下さい。

 慢性疲労症候群の自己管理としては、規則的な日常活動・睡眠習慣(生活のリズムを調える)、バランスのよい食習慣(ビタミンB12やC)、調子のいいときの適度な運動習慣(気分転換)、身体を冷やさないように心がけてください。

あなたの街の漢方相談薬局・薬店へ
  • 前のページ「(1)基礎知識」

症状と漢方薬

(あ行)
足腰の衰え(虚弱)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
過換気症候群(過呼吸)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
軽度認知障碍
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障碍
男性不妊
蓄膿症
血の道症
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
脳梗塞と脳出血
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障碍
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
めまい(婦人更年期障碍)
(や行)
夜間頻尿(前立腺肥大)
やせと栄養失調
腰痛(男性更年期障碍)
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
(ら行)
冷房下痢

漢方薬名の意味


TOP