きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

症状と漢方薬

1.周術期医療を補完する漢方製剤

 周術期医療は手術前後の患者を管理する医療です。ここでは、がんの切除手術後の主な苦悩や問題(図1)を軽減するための漢方製剤を紹介します。

 なお、がん性疼痛(とくに内臓痛)の軽減にはWHO方式がん疼痛治療法が確実です。
(漢方製剤の痛み止めとしての使用は補助的になります)。 

2.六君子湯(リックンシトウ)と茯苓飲(ブクリョウイン)

2.1) 六君子湯(リックンシトウ)は、胃切除術後の胃もたれ、吐き気、食欲不振を軽減するために用いられています。図2青字で示したように食欲増進ホルモンのグレリンを介する薬理も寄与しています。

 図2は胃もたれを主症状とする機能性ディスペプシアに用いられてきた六君子湯の実績を踏まえた応用例です。
 機能性ディスペプシアの漢方を参照してください。

2.2) 茯苓飲(ブクリョウイン)も、幽門温存胃部切除術後のげっぷ、胃膨満の軽減に用いられています(四逆散 シギャクサンと併用)。
 茯苓飲には六君子湯と同様にグレリンの機能を高める陳皮(チンピ)が配合されています。

 六君子湯茯苓飲に関しては胃食道逆流症の漢方(2.基本方剤)も参照してください。

3.大建中湯(ダイケンチュウトウ)・・・腹部術後の麻痺性腸閉塞

 大建中湯(ダイケンチュウトウ)は、腹部術後の麻痺性の腸閉塞(チョウヘイソク:イレウス)や腹痛、ガス膨満、便秘などの下腹部症状に用いられています。その薬理作用の解明も進んでいます(図3)。

 大建中湯は、現代では外科領域でもっとも多く使用されている漢方製剤です。古い漢方薬が現代の周術期医療で成果をあげた事例です。
漢方薬名の意味(23.大建中湯 )も参照してください。

4.抑肝散(ヨクカンサン)・・・術後のせん妄(興奮、錯乱、不眠)

 抑肝散(ヨクカンサン)は術後のせん妄に使用されています(図4)。せん妄は、一時的な錯乱状態です。暴言などの不穏行動、点滴管の抜去などの危険行動は、患者の回復を遅らせ、治療者の負担となります。
 抑肝散の鎮静効果は日常活動を過剰に抑制しないので西洋の鎮静薬より有用性が高いと評価されています。

 抑肝散は、神経の高ぶり、怒り、いらだち、痙攣を伴う小児の夜泣き、不眠、疳症(神経症)の処方として創案されました。現代では、

認知症の行動・心理症状(興奮、介護に対する抵抗、暴言、異常行動、不眠)の軽減を目指して介護医療でも活用されています。

 認知症の漢方(3.アルツハイマー型認知症)を参照してください。

5.補中益気湯・・・術前投与で術後の抗菌薬の使用量節減

 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)を術前に投与しておくと術後の免疫抑制状態を軽減し、感染症対策に使用する抗菌薬の使用量を節減できることが報告されています。

ちょっと一言:(トピックス)

患者の活動状態(PS)体力の虚証

 活動状態PS:Performance Status、パーフォーマンス・ステータス)は患者さんの全身状態(体力の余力)を診る指標です。PSは、
 ・日常生活が制限なく行えるPS0から、
 ・終日ベッド上で生活する要介護状態PS4、まで5段階で評価され、手術の可否や治療手段を選ぶ指標になります。

 PS4は、漢方医学の体力の虚証に相当します。現代医療にも漢方と同様に体力の余力の程度を診る視点があるのです。  

(2020年9月14日公開)


症状と漢方薬

(あ行)
足腰の衰え(虚弱)
アルツハイマー型認知症
アレルギー性鼻炎
胃食道逆流症
胃腸かぜ
胃腸虚弱
胃腸虚弱(フレイル)
胃痛
胃もたれ
意欲の低下
意欲低下(虚弱)
イライラ
イライラ(産後)
インポテンツ
うつ感
円形脱毛症
おしっこの悩み(前立腺肥大)
(か行)
顔色不良(虚弱)
過活動膀胱
過換気症候群(過呼吸)
肩・首筋のこり
過敏性腸症候群
下部尿路症状
花粉症
関節痛(冷え症)
かんしゃく
乾燥肌
がん
気うつ
気うつ(産後)
気管支炎
機能性ディスペプシア
緊張型頭痛
軽度認知障碍
月経周期の乱れ
月経痛(冷え症)
月経痛(冷えのぼせ症)
月経不順(周期の長短)
月経不順(血の道症)
月経前症候群(PMS)
げっぷ
下痢
下痢(ゲンノショウコ)
高血圧
高血圧傾向(虚弱)
高血糖
好酸球性副鼻腔炎
口内炎
後鼻漏
かぜ(風邪)
呼吸困難(COPD)
こじれた咳(感冒)
子どもがほしい
(さ行)
産後の回復不全
残尿感(前立腺肥大)
しもやけ
CFS(慢性疲労症候群)
COPD
女性不妊
暑気あたり
自律神経失調症
尋常性ざ瘡
頭重感
頭痛
頭痛(しめつける痛み)
頭痛(婦人更年期障碍)
ストレス胃
生理痛(冷え症)
生理痛(冷えのぼせ症)
生理不順(血の道症)
精力低下(男性)
せき(咳)
咳(こじれた感冒)
喘息
喘息(発作)
喘息(寛解)
前立腺肥大
GERD
(た行)
たん(痰)
男性更年期障碍
男性不妊
蓄膿症
血の道症
痛風
手足口病
手足のしびれ(糖尿病)
動悸
凍瘡
糖尿病
(な行)
内臓脂肪症候群(糖尿病)
ながびく咳(感冒)
夏かぜ
夏バテ
夏やせ
2型糖尿病
にきび
尿意切迫
尿失禁
尿路結石
尿路不定愁訴
妊娠力をつけたい
認知症
脳血管性認知症
熱中症
脳梗塞と脳出血
のぼせ感
(は行)
肺気腫(COPD)
排尿困難(前立腺肥大)
排尿痛
鼻アレルギー
鼻かぜ
鼻づまり
鼻水
冷え症
冷えのぼせ症
鼻炎
皮膚瘙痒症
肥満
肥満(糖尿病)
疲労
疲労感
疲労感(胃腸虚弱)
疲労感(栄養不足)
疲労感(産後)
疲労感(ストレス)
疲労感(寝不足)
疲労感(冷え)
頻尿
PMS(月経前症候群)
不安定膀胱
プール熱
腹痛
副鼻腔炎
婦人更年期障碍
不眠
不眠(産後)
フレイル(虚弱)
ヘルパンギーナ
片頭痛
便通異常
便秘
膀胱結石
(ま行)
マタニティー・ブルー
慢性胃炎
慢性気管支炎(COPD)
慢性の咳(COPD)
慢性閉塞性肺疾患
無月経
胸やけ
メタボリック・シンドローム(糖尿病)
めまい
めまい(婦人更年期障碍)
(や行)
夜間頻尿
やせと栄養失調
腰痛(男性更年期障碍)
抑うつ感
抑うつ感(虚弱)
(ら行)
冷房下痢

TOP